環球時報「韓国企業、『THAAD報復』でなく『競争力不足』のせいで中国市場を失った」(中央日報)
中国官営メディア「環球時報」が韓国製品の中国市場での苦戦がTHAAD配備による報復のためでなく、自主的な競争力低下のためだと分析した。韓中両国が関係改善に向けた共同合意文を発表した中で、韓国企業の努力が重要だという指摘をしたわけだ。環球時報は31日「韓中協力関係を回復するには中国だけ努力することでない」というタイトルの社説で「中国外交部のきょうの声明を見れば、韓中関係が解消され始めたと見られる」としながら「しかし、韓中関係が冷え込みやすいため、回復するにはさらに努力する必要がある」と主張した。

また「自動車、携帯電話などが1年しか経っていないうちに中国市場を失ったのは中国政府の報復の結果でなく、韓国の競争力が足りないから」として「韓国が中国市場を取り戻すためには『再創業』『最初から始める』という決心が必要だろう」と付け加えた。「韓中関係がまもなく正常化するが、中国人の韓国に対する好感はすぐ回復できないだろう」というのが理由だ。

新聞は「韓中が長期的な友好協力関係を発展させない理由がない」としながら「中国の世界影響力は韓国よりはるかに大きくてさらに広い心を持っており、韓国の一部の人々は偏狭な考えを捨てて韓中協力関係の発展のために肯定的に見るべきだ」とも主張した。また、合意文書をめぐって韓中両国間異見を報じた朝鮮日報を指摘して行動を自制するように批判した。
(引用ここまで)

 環球時報といえば、中国の官営メディア。人民日報をオフィシャルなものとして、やや過激な言説を環球時報に任せておくというようなやり方が知られていますね。
 で、その環球時報が「THAAD配備の圧迫をしたって? そんなものなくても韓国製品には競争力なんてないだろ」という記事を掲載している。
 中国政府の本音というか、実際の部分はこのくらいなのでしょうね。

 韓国政府は「三不」を約束することで、THAADミサイル配備についての圧迫を解除してもらえると思っているようですが。
 この正式な見解、当初から中国が韓国政府に言っていることと同じなのですよね。
 あとは「韓国の行動に中国人民が怒っているだけ」でしたっけ。

 実際に中国企業が力をつけつつあるのは間違いないところなのです。
 たとえば自動車産業も一気に立ち上がりましたしね。エンジンは全部三菱製だということですが、それも今後数年で情勢が変わっていくかもしれません。
 ヒュンダイ・キアのシェア低下は中国製自動車に食われているという部分もある。
 それを中国政府は保障したりはできないよ、ということなのでしょう。

 「日米韓の三国同盟はしない」「ミサイル防衛システムには組み込まれない」「THAADミサイルの追加配備はしない」っていう主権にも関わるような約束をさせられた上で、環球時報からはこの扱い。
 ……なんというか、ムン・ジェイン外交の粋を味わったという感じです。

生きるのが下手な人たちへ (PHP文庫)
紀野 一義
PHP研究所
2003/4/1