文大統領「韓米日連携が同盟になること望ましくない」 日本に警戒感も(聯合ニュース)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、北朝鮮の核・ミサイルを巡る韓米日3カ国の連携について、「軍事同盟の水準にまで発展することは望ましくない」との見解を示した。東南アジア歴訪を前にシンガポールメディアと行ったインタビューの中で述べた。文大統領は北朝鮮核問題を理由に軍事力強化の動きを見せる日本に対する警戒感も示した。

 3カ国の連携について、文大統領は「米国だけでなく、日本との協力も重要になってきているが、あくまでも北の核とミサイルに対応するためのもの」と述べた上で、「日本が北の核問題を理由に軍事大国化の道を歩もうとするなら、(それは)東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々との関係においても望ましくない」との見解を示した。
(引用ここまで)

おまえはなにを言っているんだ(画像略)

 トランプ大統領が訪韓する前に言えることは全部言ってやれという戦略なのか、それともただのバカなのか。

 インタビューでは「米韓関係こそがもっとも大事だ。ただし、中国も重視してバランス外交を云々」とも語っているのですが、そのアメリカが主導しようとしている日米韓の三国同盟を拒絶。
 これは要するに対北朝鮮ではあるていど協力しても、対中包囲網には加わらないという宣言も同然なのです。「三不」を自画自賛しているとありましたが、どうやら本気の模様です。

 もっともムン・ジェインは当初からアメリカからの戦時統制権返還に積極的で、できれば任期内に返還を実現させたいという意向を持っています。少なくとも自分の任期中に実現への筋道を立てることだけはしておきたいという政策方針でした。
 この戦時統制権返還は最終的には米韓軍事同盟解消にまでストレートに向かうシナリオに他なりません。
 なので、ことあるごとに「自主国防」を唱えているムン・ジェインにとっては、政策的にはなんら矛盾していない方針表明であるわけなのです。

 それでもトランプ大統領訪韓の数日前にこんな発言をしますかね……。
 まあ、こっそり日本にとっては都合がよいのですけどね。
 正直、日米韓三国軍事同盟に発展させられるのは勘弁ですわ。

 ついでに「日本の軍事大国化は許さない」とかなんとか言ってますが。
 自分たちはばんばん軍事費を増やす方向性なのに、なにを言ってやがんだかっていう。
 それに加えてASEANの意見をおまえらが勝手に代弁しようとするなって話ですね。
 よく韓国は「日本が○○するなんて世界が(アジアが)許さない」とか言うのですが、おまえらのいう世界とかアジアはどこに存在するんだよっていうアレです。

 中国に対抗しようとしているASEAN加盟国にとっては、対抗軸として日本にはしっかりしてほしいっていう意見のほうが多いのです。
 フィリピン、ベトナムへの巡視船供与や合同訓練なんかはその文脈で語れることですよね。
 韓国も中古船を供与していたのですが、中国から文句をつけられていましたっけ。
 ラオスとかカンボジアといった中国の庇護下にある国ではまた別なのでしょうが。

 まあ、ますますトランプ大統領訪韓が楽しみでしかなくなってきました。
 オバマ大統領との共同記者会見であったようなサプライズも見られるかもしれませんね。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:中国予測はなぜ間違うのか」〈2017年10月24日号〉 [雑誌]
ニューズウィーク日本版編集部
CCCメディアハウス
2017/10/17