慰安婦合意に10億円出した日本、イバンカ氏には57億円支援を約束(中央日報)
安倍晋三首相がドナルド・トランプ米大統領の長女で補佐官のイバンカ氏が設立にかかわった女性基金に57億円を拠出すると明らかにした。戦争犯罪である旧日本軍慰安婦問題に関連する韓日慰安婦合意に10億円を出したのと比べ、イバンカ氏には相当な金額で支援することにしたのだ。

3日の共同通信によると、安倍首相はこの日、東京での国際女性会議の講演でイバンカ氏の女性起業家基金に5000万ドル(約57億円)を支援すると明らかにし、「イバンカ氏が主導した基金を強く支持する」と述べた。

安倍首相の言葉に対し、イバンカ氏は「女性の完全な労働参加は社会を強くし繁栄させる」と強調し、「アベノミクスはウーマノミクス(WomanとEconomicsの合成語)」と称賛した。

しかし一部では、イバンカ氏が「女性が経歴上不利益なく子どもを産む社会を作るべき」と強調する一方で、父のトランプ大統領はこれまで何度も女性蔑視発言で物議をかもしたという点を考えれば、この言葉に説得力があるかは疑問だという指摘が出ている。

また、安倍首相が女性起業家のために巨額を支援することに対し、女性が被害者である旧日本軍慰安婦問題には謝罪さえもまともにしないのとは対照的だという評価もある。以前に安倍首相は旧日本軍慰安婦被害者に謝罪のメッセージを手紙で伝える考えは毛頭ないと述べ、韓国世論の激しい反発を招いたことがある。韓国と慰安婦少女像をめぐる葛藤局面では、10億円を出したので韓国が誠意を見せなければいけないと述べたりもした。
(引用ここまで)

 韓国が社会として抱えている病気がこんな短い記事に3つも入ってて瞠目せざるを得ません。
 まず、イヴァンカ・トランプ氏が主導した基金に57億円を支援したということ自体が間違いではないけどもミスリード……いや、これはミスリードというかほとんど間違いだな。
 正確には世界銀行が設置している途上国の女性起業家や、女性の運営する中小企業を支援する機関とのこと。設立時にイヴァンカ・トランプ氏が協力していたというだけ。

 中央日報の書き方だとイヴァンカ氏が来日して、それを機会にして個人の基金に供出しているように読めてしまう。
 そう読ませているのか、事実を知らずに書いているだけなのかは不明ですが。
 中央日報という大手マスコミがこのレベルですからね……。

 ついで「父のトランプ大統領はこれまで何度も女性蔑視発言で物議をかもしたという点を考えれば、この言葉に説得力があるかは疑問だという指摘が出ている」という文章もなかなかの味わい深さ。
 韓国ならでは、ですよ。
 すなわち、親のしでかしたことは子々孫々まで引き継がれるのだという思想。
 親日派(チニルパ)の子は延々とチニルパですし、チニルパの代表格である李完用の子孫の墓は壊されてしまっても当然。カン・ドンウォンという俳優が「自分の祖父はチニルパだった」と謝罪する
 逆に「子供がアメリカ国籍だから外交部長官なんてとんでもない」なんて思想も成り立つわけですね。
 まあ、今回の場合はイヴァンカ・トランプ氏が日本だけにきて、韓国訪問をキャンセルしたということも大きく作用しているとは思いますが。
 トランプ大統領の訪韓が1泊だっていうのも大きいかな。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってヤツですね。

 で、さらに女性の企業基金への57億円と、慰安婦合意に対する供出金10億円を比較してしまう。
 だからなんなんだっていう。
 このニュースと慰安婦合意のなんの関係があるのかさっぱり分からない。共通点は日本政府がお金を出すということくらいなもので。

 これが中央日報だけの論調ならまだ救われるのですが、韓国メディアのほとんどがこの「慰安婦合意は10億円なのに、イヴァンカ・トランプには57億円」の話題を書いています。
 聯合ニュースSBSソウル新聞毎日経済世界日報といったところが書いています。
 この扱いかたによって慰安婦合意が韓国にとって徹底的なまでに外交的敗北であったということも、理解できるんじゃないでしょうか。
 なんというか……救えないな。

IVANKA イヴァンカ・トランプ Photobook 1991-2017
アメリカ大統領選挙研究会
創藝社
2017/3/31