「トランプ大統領はおかしい?」「ハハハ」…韓国外交トップの軽率な笑い(中央日報)
トランプ米大統領の訪韓(7、8日)を目の前に控えた5日夜、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がトランプ大統領について「とても自由奔放で格式張ったところがなく率直だ」と評価した。この日、SBS(ソウル放送)のパイロット番組『キム・オジュンのブラックハウス』でだ。進行者のキム氏が「トランプ大統領については『狂っている』『狂人の戦略』などの言葉を聞くが、会ってみた印象はどうか」と尋ねると、康長官はこのように答えた。

キム氏が「(トランプ大統領が)少しおかしいと感じるところはなかったか」と改めて尋ねると、康長官は「おかしいところなんて…そうだとしても私がこの席で話すことができるでしょうか」と答えた。キム氏が「あるのですね」と話すと、康長官は「ハハハ」と笑った。キム氏が「あるということで…」と確認した時もただ笑うだけだった。

対米関係に関する直接的な質問もあった。キム氏が「外交部もそうだが、米国の観点で世界を見たり北の問題を眺める場合が多いのでは」と指摘すると、「朝米関係が重要だから」とし「外交部自体が対米外交に投資する人員、相対的に(対米外交の)比率が高いため、そこの重みが非常に大きいのは事実」と述べた。続いて「その部分も実際、革新方向の一つだが、その比率を何とか軽くして…」と答えた。さらに「外交部内の中国側の力を高める部分は明確にある」と話した。

15分ほど行われたインタビューで、康長官が外交トップとして出す対外政策的なメッセージは多くなかった。真摯な時事番組でないだけに現政権で最も注目される長官として「セレブリティ」の姿に焦点を合わせて制作されたのかもしれないが、進行者と康長官の後ろに見えるコーナーの名称「きつい対談」というには康長官の発言に重みはなかった。
(引用ここまで)

 ……軽いなぁ。
 とてつもなく行動が軽い。

 ユン・ビョンセも韓国モテモテ宣言なんてやっちゃってましたけども、あれは「米中に挟まれていないか?」っていう疑惑に対して、自分たちの業績を過大に言ってしまった勇み足でした。
 まあ、それでもあの話は軽すぎましたけどね。
 「韓国は米中から責められているのではなく、どちらからも求められているモテモテ状態なのであって、これが我々のハイレベルな外交力による成果なのだ」なんてのは外交部長官の言葉ではありません。

 でも、カン・ギョンファのこれはさらにダメだわ。
 この時期にこんな番組に出演して、かつインタビュワーに言いたい放題させて、あまつさえ「トランプ大統領におかしいところがあるとしても、この席で言えることでしょうか」なんて言ってしまう。
 やっている行動が軽すぎる。
 わざとやっているなら悪質ですし、意識していないのなら無能です。

 こうすることでどんな波紋が拡がるのか計算の上でやっていて、「トランプ大統領の訪韓寸前」であるということも考えた上で、かつそれが外交的に意味があるということならまだギリギリ許せますが。
 これ、絶対そうじゃないですからね。
 ただの口の軽い、英語が上手な元女子アナおばさんでしかないっていう。

 まあ、このていどの人間が「対日外交最終兵器」扱いの外交部長官で、かつそんなていどの人間を国会の同意なしに史上初めて強行登用せざるを得なかったムン・ジェイン政権の実際の能力というものがよく理解できます。
 韓国人には生まれなくてよかったけど、ムン・ジェインが大統領でいてくれてよかった。
 本当にそう思いますよ。ええ、本当に。

天下一の軽口男 (幻冬舎単行本)
木下昌輝
幻冬舎
2016/4/6