平昌コンサートで低体温症 本番は寒さが課題 組織委「対策進める」(産経新聞)
屋根のない平昌開・閉会式場で低体温の患者... 寒波対策に穴(ニューシス・朝鮮語)
 平昌冬季五輪の大会組織委員会は6日、開閉会式会場となる平昌五輪スタジアムで4日夜に開かれたコンサートで、観客5人が軽度の低体温症で病院に搬送されていたことを明らかにした。スタジアムには屋根がなく、外壁の隙間から風が吹き込む構造になっている。寒さがより厳しくなる2月の五輪に向け、ソウルで取材に応じた李煕範会長は「(外壁に)風を遮断する幕を設置するなど、対策を進める」と述べた。

 組織委などによるとコンサート開催時の気温は最低で2度程度だったが、冷たい風のため、体感気温は氷点下だったとみられる。日中を含めた2月の平均気温は氷点下4・5度で、午後8時に始まる開閉会式では寒さへの対応が不可欠となる。
(引用ここまで)

 まだ11月頭でも低体温症を起こしてバタバタ倒れる状況。
 本番の2月は氷点下は確実。開会式は夜8時からでマイナス10度突破もありえるという土地柄。
 というか、そもそもそういう状況は想定されていて半年前に報道までされているのに対策なしで長時間のコンサートとかやっちゃったっていう。
 さすが人命軽視の特亜3カ国、核実験場でもオリンピックの開閉会式場でも似たようなことやってますね……という感じで締めようかと思っていたのですが。

 ……ああ、違うな。
 これは「考えなしにコンサートを開いた」んじゃないや。
 モルモットとして、とりあえず氷点下にならない状況下ではどうなるかという実験だわ。
 K-POPのコンサートだったら観客は体力のある若者中心。
 この時期であればなにかあっても死者までは出ないだろうという想定で、まず大観衆を入れたらどうなるかのテストパターンです。

 で、実際に低体温症の患者が出て「ほら、対策が必要でしょ?」となってみたわけです。
 ちなみに2月の本番では体感気温はマイナス20度になるであろうと想定されています。

みんなが知りたい南極・北極の疑問50 南極点の標識が毎日移動しているって?南極の地下にある地底湖の正体とは? (サイエンス・アイ新書)
神沼 克伊
SBクリエイティブ
2010/10/18