韓経:韓国が日本の前轍踏む?…躍動的な韓国人は違うだろう(中央日報)
「きょうは私がおごる」「半万年の歴史のわが民族は…」。

日本人が最も理解しがたい言葉という。彼らはおごるにしても静かに金を出す。半万年ならそのまま5000年と言う。日本人と全く異なる韓国人の用語には文化が込められている。自らが主人だと考える文化と妙な自負心だ。

リサーチ会社エムブレーンは「2018大韓民国トレンド」を予想しながら新たな試みをした。「韓国は長期不況という日本の前轍をそのまま踏むのだろうか」に対する答えを探すため、ソウルと東京の人々の生活態度と生活方式、価値観を比較した。結論は「韓国が日本の前轍を踏むというには両都市の人々はあまりに違う」ということだ。

生活に対する態度から違う。「未来より現実に忠実であるべき」という回答が東京は28.3%だったがソウルは49.4%に上った。「自分に対する投資を惜しまない」という回答もソウルが43.4%、東京が30.3%だった。ソウルの人たちがはるかに現在指向的で、「YOLO(人生は一度きり)」の人生を追求する。消費も似ている。「流行に乗って服を購入する」という回答がソウルは29.3%、東京は14.8%だった。「個性を生かせる独特な製品を購入する」という回答もソウルが31.9%で東京の18.9%よりはるかに高かった。美味しい店を訪ね歩くという人はソウルが46.3%、東京が13.1%で格差が大きかった。

韓国と日本ともに西欧では集団主義社会に分類される。だがこれに対する考えもソウルと東京の人々は違った。「わが国は徹底した個人主義社会だ」ということに同意する回答は東京は18.7%にとどまったがソウルは51.5%に達した。 (中略)

エムブレーンはこれを根拠に、日本は現実順応的で変化に保守的で躍動性が落ちるのに対し、ソウルに代表される韓国社会は欲望と文化的欲求が強く能動的な姿を見せていると診断した。
(引用ここまで)

 ついさっき「高い株価を珍妙な理論で正当化するようになるとバブル警戒期」という話をちょうど読んでいたところでして。

25年ぶり高値の株価はバブルか、3つの角度で判定する(ダイヤモンドオンライン)

 そのあとにこのコラムが出てきて「ぶふぉお!」とコーヒーを吹きそうになったのを必死に止める外回りのモスバーガー某店内。モスバーガーのコーヒー、かなりおいしいのでもったいないし。

 韓国人は能動的で躍動的だから長期不況には陥らないんですって。
 なんでそんな素晴らしい人たちがこの20年で2回も通貨危機に陥っているのやら……。
 こういう話はいくつか出ていまして。
 曰く……

韓国政府の財政はまだ健全だから長期不況にはならない。
・高齢化に伴う長期不況は韓国ではありえない。最後の手段で南北統一があるから

 「長期不況にはならない。なぜなら韓国経済は長期不況に耐えられる体力がないから、長期不況になる前に倒れてしまう」なんてトンチのような話も出てましたけどね。
 しかし、韓国は長期不況には陥らない……か。

 一体、いつから ──── 韓国が長期不況に陥っていないと錯覚していた?

 去年の時点で消費支出額が前年比マイナス、家計実質所得もマイナスでした。リーマンショックのような外的要因もなかったのに。
 今年は半導体スーパーサイクルに支えられて成長率そのものは高い数字となるでしょう。輸出額も絶好調。
 でも、半導体を除いた分野の輸出額はマイナスで、半導体製造の特性からトリクルダウンも生じにくい。

 いま、その場にいるから認識しにくいだけで5年後、10年後に振り返ってみれば「ああ、あそこはもう長期不況だったのだな」とされる状況にあるのですよ。
 しかし、能動的で躍動的だから長期不況にはならない……か。
 「4350年を半万年っていえる」っていうのは、ただのどんぶり勘定じゃないかって気がするんですが。

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)
旦部幸博
講談社
2016/2/18