文大統領「トランプ大統領に軍事行動の意図なし」(朝鮮日報)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、シンガポールのニュース専門局、チャンネル・ニュース・アジア(CNA)が9日放送したインタビューで、トランプ米大統領について、「時には強硬な発言をするが、それも北朝鮮に圧力をかけることが目的だ。実際に何らかの軍事的行動を実行する意図で発言しているわけではないと確信している」と述べた。

 文大統領は「トランプ大統領の発言で韓半島の平和定着に困難が生じるのではないか」との質問に対し、「ある意味で米韓は適切な役割分担をしていると言える」と指摘した。トランプ大統領は今月8日の国会演説で、「我々を侮るな。我々を試すな」と述べるなど、軍事行動の可能性を示唆する発言を繰り返してきた。
(引用ここまで)

 ……なんでアメリカ大統領の「取り得るオプションはすべてテーブルの上にある」という言葉を、韓国の大統領が否定してんだよ。
 4月に「中国が北朝鮮に対して行動を起こさないのであれば、我々は独自に行動する」という宣言以来、「大きな紛争もあり得る」→「軍事力行使も辞さない」→「戦争もある」といったように言葉はエスカレートしています。
 それに連れて、空母もカール・ビンソン単体から2隻3隻と増派されています。

 国家間の交渉に際しては軍事力、およびその行使があり得るという脅しがなければ成立しない……というのは言い過ぎにしても、そういった側面があることは否定できない事実。
 いま必要なのは圧力であるということで世界の衆目が一致している。孤立化政策も進みつつある。

 それを軍事同盟を結んでいるはずの国の国家元首が「軍事行動はないと確信している」とかしゃべっちゃう。
 カン・ギョンファの口が軽くてバカみたいだってエントリを書きましたが、口が軽くてバカなのは外相だけじゃなかったというオチでしたね。

賢く生きるより 辛抱強いバカになれ (朝日文庫)
稲盛 和夫 / 山中 伸弥
朝日新聞出版
2017/3/7