米空母中心の韓米日合同訓練、韓国の反対で白紙に(朝鮮日報)
韓日米「空母」連合訓練、韓国が拒否(中央日報)
 米国の原子力空母3隻が参加し、北朝鮮に対して武力を誇示するという性格の大規模海上訓練が、11日から14日まで東海(日本海)で行われる。韓半島(朝鮮半島)周辺に空母機動部隊が3つも集まるのは、6・25(朝鮮戦争)以来3度目。このため、当初米国は韓米日3カ国の合同訓練を提案していたが、韓国側の反対で白紙になり、韓米だけの合同訓練として行われることになった。11日に予定されている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席の韓中首脳会談や、韓国政府が中国と「高高度防衛ミサイル(THAAD)合意」を行って表明した「三不」の立場が理由なのかどうか、注目されている。

 韓国軍の消息筋によると、先月米国はドナルド・トランプ大統領のアジア歴訪の期間に合わせ、3つの空母機動部隊を動員した東海での訓練を計画し、韓国と日本に3カ国合同訓練を提案した。米空母3隻が日本の海上自衛隊の艦艇に護衛され、東海に設定された韓国海軍の作戦水域(KTO)に順次入ったら、韓国海軍の艦艇も加勢して空母の護衛作戦、航空作戦、航空射撃などさまざまな訓練を3カ国合同でやってみようというものだった。しかし韓国側が難色を示したことにより、3カ国合同訓練は白紙になった。日本の艦艇はKTOに入る前まで米空母機動部隊に同行し、KTO内では韓米の艦艇だけが一緒に訓練をするものと決まった。
(引用ここまで)
韓国国防部のムン・サンギュン報道官は前日、「韓日米連合訓練計画はない」と述べたが、その理由は説明しなかった。

しかし政府消息筋は「高高度防衛ミサイル(THAAD)問題を解決して韓中首脳会談をすることにした過程で中国と合意した『韓日米安保協力は軍事同盟に発展しない』などの『3不(No)原則』に基づく措置とみられる」と伝えた。
(引用ここまで)

 アメリカは対北朝鮮を想定した軍事演習なので、日米韓の連携練度を高めておきたいでしょうね。
 日本にとっては集団的自衛権を行使する可能性を論ずるシチュエーションとしては、対北朝鮮が最大のものとなるでしょう。それだけに当該海域での準備をしっかりとしておきたい。データも取っておきたいことでしょう。
 さらにこの海域で三カ国が合同軍事演習することで北朝鮮に与える圧力を最大化できる。
 日本とアメリカの利害は完全に一致しています。

 その一方で韓国は宗主国である中国に「三不」を誓って冊封国と認定していただいたので、作戦水域での日米韓演習を許すことができない。
 これまでも中国の意向を気にして様々な制約を自ら課してきた韓国でしたが、もはや「三不」に逆らうことはなにひとつできなくなったと見るべきでしょう。
 つまり、禁じられていることはTHAAD追加配備、日米韓の三国軍事同盟、ミサイル防衛への参加だけではない。
 それに類すること、延長線上にそれらのことがあると思われることは禁止事項なのです。

 ……これ、もはや独立国であるとはいえませんね。
 李氏朝鮮末期そっくりです。
 カン・ギョンファは閔妃、王毅は袁世凱になるのかな。
 まあ、一般的に見て「三不」の誓いは主権放棄なので当然といえば当然なのですが。

 ムン・ジェインの就任から約半年。これまでほとんどなにもしてこなかった韓国外交ですが、動き出すと同時に馬脚を露わしてきました。
 いやぁ……さすがにここまでひどいとは想定していなかった。これまでの経済政策をはじめとした内政を見てきて外交も相当にひどいだろうな、というのは予想できていたことですけども。
 正直、ここまでなにもできない……というか、なにもかもしっちゃかめっちゃかにしてくるとは想定外。

悪名高き皇帝たち──ローマ人の物語[電子版]VII
塩野七生
新潮社
1998/9/30