韓国ファンが怒り心頭! 久々勝利のコロンビア戦でアジア人差別のあのジェスチャーが!(サッカーダイジェストWeb)
 問題のシーンが起きたのは、韓国が2−0とリードした直後の62分だった。DFのキム・ジンスがコロンビアのエース、MFハメス・ロドリゲスのファウルを受けて倒される。これに対してハメスが早く立てとばかりに強引にシャツを引っ張り上げると、韓国のMFキ・ソンヨンがハメスに体当たり。これを合図に両チームの選手がいきり立ち、乱闘寸前のもみ合いとなった。その最中、コロンビアのMFエドウィン・カルドナが、キ・ソンヨンに対してとあるジェスチャーをして馬鹿にしたのだ。

 両手で目を吊り上げて、アジア人の目が細いことを揶揄する人種差別のアクション。つい先日、MLBのワールドシリーズでアストロズのユリエスキ・グリエル野手が、ドジャースのダルビッシュ有投手に対して同じ行為に及び、世界中でバッシングを浴びた。あるまじき蛮行だ。 (中略)

韓国代表主将のキ・ソンヨンは試合後のフラッシュインタビューで、「遺憾に思う。時にダーティーなプレーは出てくるが、あのような人種差別ジェスチャーは絶対に許されない。とても失望している」と語った。
(引用ここまで)

 はーい、みなさん。それじゃいいですか? 1、2の3で言いますよ。
 はい、1、2の3!

「おまえが言うな!」

 はい、よくできました。

 グリエルがダルビッシュに対してやったあの細目ポーズですね。
 アジア人差別の象徴として使われています。
 グリエルの行為はマイノリティがマイノリティを差別するという地獄という構図なのですが、こういう韓国に関係ない話とかをnoteでやろうかな……。

 英紙The SUNにCheeky monKIとまで呼ばれた人間のくせに「人種差別ジェスチャーは許されない」ですって(笑)。
 当時代表とセルティックで同僚だったチャ・ドゥリに「あの出来事は恥ずべきものだし、怒りを感じる」とまで言われてたクズがなに言ってんだか。

サッカーと人種差別
陣野俊史
文藝春秋
2014/7/20