中国「THAAD最終解決は撤収」 文大統領「完全解決しなかった」(中央日報)
中国外務省の関係者は14日、「10月31日に中韓外務省が発表したTHAAD合意文は問題解決の最初の段階であり、最終段階はTHAADの完全な撤収」と明らかにした。韓中葛藤の核心だった高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の終着点は封印でなく撤収という意味だ。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領も同日、フィリピン・マニラでプレスセンターを訪問し、「中国はTHAADについて賛成の立場に変わったのではなく、依然として中国の安保利益を侵害するという立場を見せた」とし「THAAD問題が完全に解決したわけではない」と述べた。THAADが韓中の間で「火種」として残っているということだ。 (中略)

「3不(No)」(THAAD追加配備の検討、米ミサイル防衛システム編入、韓日米軍事同盟−−はしない)で論議を呼んだ10・31韓中政府間協議結果の後、韓国政府は「THAADを封印する」「両国首脳会談の議題にしない」と強調した。しかし習主席が11日、文大統領との首脳会談で「THAADに対する責任のある姿勢を求める」と述べた。

これに関し北京消息筋は「韓国政府が『これ以上THAADに言及しない』と述べてこの問題を終えようとすると、中国側がTHAAD撤収までは最終解決でないという立場を喚起させようとした」と説明した。
(引用ここまで)

 たとえ韓国が主権を放棄するほどの「三不の誓い」を立てても、まだ中国としては不十分であるという立場。
 当初から中国にとっての最終的な解決は「THAADミサイルの撤去」であることは明言されていました。
 駐韓中国大使も「THAADミサイルが配備されたら中韓関係は一瞬で破壊される」と宣言していました。
 中国側が求めるのはあくまでも原状復帰であるということでしょう。

 韓国側がどれだけ「三不でTHAAD問題は終わりましたよね?」という確認をしても、「いや、最終的な解決は撤収だ」と言い続ける。
 中国人観光客はすでに韓国に戻りつつあるということで、とりあえず圧力をかけることはやめてもらえたようですが、その時々に「まだ小骨が喉につっかえているぞ」というようにして問題が解決したわけではないことを知らせようとする。
 ムン・ジェインもまだまだ中国というものの本性が理解できていなかったようで。

 連中はひとつの原則を掲げたら、よほどのことがないかぎりそれを曲げようとはしないのですよね。
 中国に三跪九叩頭を一度した以上、最後の最後まで彼らの言い分を受け入れるしかないのです。
 まだ「解放」されていないだけマシってもんでしょう。

消されゆくチベット (集英社新書)
渡辺一枝
集英社
2013/4/22