「国民年金、三菱などの日戦犯企業に1兆1900億投資」 (ヘラルド経済・朝鮮語)
国民年金公団の日本戦犯企業の直接投資が急増して1兆ウォンを超えた。

18日、国会保健福祉委員会所属ギムミョンヨン自由韓国党議員が国民年金公団から受信したデータによると、最近2年間で、国民年金の日本戦犯企業の直接投資額が5700億ウォンに急増した。2014年2300億ウォンに比べ147.8%増加した。

一方、同期間戦犯企業の委託投資の増加率は、16.9%に過ぎなかった。日本の戦犯企業への投資に国民年金が直接腕を歩いて出ているという話だ。総投資額でみると、2014年の7600億ウォンから昨年1兆9000億ウォンで約56%増加した。

国民年金は「軍艦島」で強制労働に知られている三菱関連会社、太平洋戦争当時の戦闘機及び潜水艦などを生産した川崎重工業、ヤスクニ神社参拝論難を醸し新日鉄株金などに投資している。

国民年金は、「基金運用ガイドラインに違反していない」という立場だ。特に戦犯企業が日本市場に占める割合は、時価総額の20%に達し、現実的に運用会社側に特定の企業の投資するかどうかを指示することができないと説明した。

ギムミョンヨン議員は、しかし、委託投資ではなく、直接投資が増加していると指摘した。金議員はまた、「すべての戦犯企業への投資を禁じることができない、少なくともA級戦犯企業への投資も制限しなければならない」と述べた。
(引用ここまで)

 国政監査ネタ。
 韓国の国民年金公社も預かり金を投資にまわして運用しています。定期的に投資を行っているので、大株主になっているのですね。
 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンの逮捕理由として第一毛織とサムスン物産を併合させたというものがあるのですが。
 その際に大株主である国民年金を賛成に回らせるためにパク・クネとチェ・スンシルに「物証はないけども、心証では賄賂が送られていることは確実」という理由で有罪判決が出ていましたね。
 国民年金公社はそういったキャスティングボートを握っている大きな存在なのです。

 まあ、日経225なりTOPIXなりのインデックスファンドに投資すれば、自ずと韓国がいうところの「戦犯企業」にも投資することになるのでしょう。
 なにしろ「国民年金」ですから安全性を高めるために分散投資にすればするほど投資の範囲は広くなるので、やむを得ないと思うのですが。
 戦犯企業だなんだ言ってれば投資の選択肢が狭くなって動きづらくなるだけですからね。
 個人的には企業としてのサントリーを忌み嫌っていますが、サントリー食品が組み入れられているからってFTOPIXを買わないという選択肢はないのと同じことですね。

 ……というようなことを書いていたら、来年から国民年金の投資を監視する委員会というものが設置されるそうですよ。

国民年金投資地形図変わる... 社会水・戦犯企業の投資↓(聯合ニュース・朝鮮語)
31日、保健福祉部と国民年金公団によると、国民年金は、来年中に最高の決起求人基金運用委員会に「社会的責任投資委員会」を新設、稼動して社会的責任投資の観点からの資金運用を評価してモニタを強化して明らかに社会的責任を果たせなかった企業は、資金の投資を制限したり、投資を変更するように勧告した。

こうなると、国民年金が加湿器殺菌剤関連企業や日本の戦犯企業などに投資することは、減少するとみられる。
(引用ここまで)

 個人的に「お金に対しては誰も嘘をつかない」という持論があるのですが。
 さて、韓国の国民年金はどう動くのでしょうかねー。
 パク・クネからの依頼を聞き入れて第一毛織とサムスン物産の合併を手伝って、数千億円規模の損害に対して目をつぶったことが罪であれば、この「ろうそく政権」の依頼で「戦犯企業」とやらに投資しないというのも同じ話だと思うのですが。

韓国人は三菱鉛筆製品も使えないのだろうか……
三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 2&1 0.7 ボルドー MSXE380007.65
三菱鉛筆
2015/11/5