韓国IMF危機から20年、サムスンは大きくなったが…(JBPress)

 著者の玉置直司氏は日経新聞の元記者。JBPressで韓国系コラムを書いておられるかたですね。
 今回の記事は「IMF管理下転落から現在までの韓国経済のポートフォリオ」といったところでしょうか。
 3ページ目の30大財閥の行方とかすごいよなぁ……と改めて思いますね。
 IMF危機を機に、韓国社会は大きく変貌してしまった。

 社会全体で競争が激化した。一度、猛烈な人員削減で危機を乗り切った企業は、経営が悪化するとすぐに「雇用調整」に乗り出すようになった。

 社内競争はすさまじく激化した。いや、それ以前に、新規採用拡大にきわめて慎重になり、大学生の就職難は慢性的に深刻だ。正規職がどんどん非正規職に置き換わり、「質の高い働き場」は一向に増えない。

 一部の大企業は、業績が絶好調だが、なかなかこれが産業界全体に浸透しない。雇用も増えないとなれば、「好調な経済」を実感できるはずもない。

 IMF危機を比較的短期間で乗り切りはしたが、それは、雇用を痛め、一部の大企業への経済依存度を高め、経済格差を急拡大させるという副作用も生んでしまった。
(引用ここまで)

 この20年間というもの、韓国がやってきたのは「富の囲いこみ」なのです。
 ごく一部の既得権益者のみが富裕層として富を独占し、それを他に分け与えない。トリクルダウンを与えないというものだったのですね。
 こちらはヨーロッパで進んでいるタイプの「就職できたものは天国、そうでないものは地獄」というパターン。
 そして、その富の偏在のしかたはアメリカと同レベル(かつアメリカンドリームがほぼ存在しない)。
 やったね、欧米に追いついたじゃないですか(笑)。

 労働組合は既得権益を堅く堅く保持しようとして、ウリとナム化をさらに進める。
 ウリに入るためには労働組合にお金を払って正社員の椅子を買わなければならないというような状況になっている。まるで李氏朝鮮時代の両班戸籍の売り買いですね。

 ムン・ジェインがやるべきなのは、所得主導成長よりもこういった既得権益へメスを入れることなのですが。
 労働組合とムン・ジェインはなによりも堅いウリの絆で結ばれていますから無理なのです。
 労働組合にメスを入れることができないからこそ、それ以外の労働者の最低賃金を増やそうという方向性になっているということもできるかな。
 まあ、その結果が企業の海外脱出になるのは火を見るよりも明らかなのですが。
 歪みきったジェンガをぶっ壊さずに、指でつついて直そうとしているようなもんですよ。
 これまでなんとなく感じていたことがこのコラムを読んで言語化できました。

HGUC 1/144 RGM-89 ジェガン (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
バンダイ
2009/8/7