【コラム】今が中国総督の時代なのか=韓国(中央日報)
21世紀の東アジアが19世紀末に退行している。力が強い国が主権国家の生存がかかる決定を問題にする。主役は中国だ。「3不(NO)」(THAAD追加配備、米ミサイル防衛(MD)システム参加、韓日米軍事同盟はない)で封印されたと考えていたTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題をまた持ち出している。習近平国家主席、李克強首相、王毅外相が3不の履行を促すと、著名な学者が公開的に「韓国はTHAAD配備に関連して過度な主権行使を自制するべきだと」と暴言を吐いた。

中国の激しい対応は外務省高官が1年前に訪韓した当時も問題になった。この高官は韓国大企業の幹部に対し「小国が大国に対抗してよいのか」とし「韓国がTHAADを配備すれば断交レベルで大きな苦痛を与える」と脅迫した。19世紀末に朝鮮総督のように振る舞った清国の20代の袁世凱から受けた屈辱の繰り返しだ。(中略)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今月中旬、中国を国賓訪問し、習近平主席と首脳会談をする。習近平主席は韓国の大統領を歓待するだろう。そして「核心国家利益」と規定したTHAAD問題を有利な方向で釘を打とうとするはずだ。あっという間に韓米関係は奈落に落ちる。どうするべきか。

中国がいくら脅してもTHAAD報復には限界がある。安保問題でまた経済報復をすることは、習近平主席の自由貿易守護者のイメージを毀損する。韓国の中間財産業と結びついた中国の産業はより大きな被害を受ける。中国が韓国を押し出せば、韓国はやむを得ず米国・日本、そしてインドと東南アジア国家との協力を強化するしかない。 (中略)

文大統領は習近平主席に「中国が可用なあらゆる手段を使って北の非核化を引き出せばTHAAD配備は必要ない状況がくる」と述べなければいけない。我々が堂々たる態度を見せてこそ中国に無視されず、韓米同盟も守ることができる。経済強国、自主独立国の大統領らしく言うべきことは言うことを期待する。
(引用ここまで)

 おや、中央日報ではようやく自分たちが李朝末に袁世凱によっていいようにやられてきたような状況だという認識ができてきたのですか。
 ちょっと遅かったかもしれませんね。楽韓さんは先月早々にそんな話をしていますよ。
 中国が小国に対してこういった動きをするのは当然なのです。
 フィリピンに対してもベトナムに対しても同様の対応をしてきた。
 「小国は大国の意向に従うべし」とい話は何度も何度もしていますよ。
 フィリピンバナナの輸入規制をしたり(そして日本でフィリピンバナナの価格が暴落したり)、ベトナムに南沙諸島で延々といやがらせをしたり。

 韓国はどうも自分たちの中では「そこそこの強大国である」という設定になっているらしく、こういった扱いを極端に嫌うのですよね。
 「先進国からは尊重され、後進国からは尊敬される。それが韓国!」という自覚(だけ)があるのです。

2012紳士の国

 ま、それにふさわしい振る舞いをしたことなんて一度もないのですが。

 そんな「大国に対抗できる中堅国」が三不の誓いなんて差し出すわけがないのですよね。
 もう、三不の誓いを立てた時点で独立門を打ち倒して、迎恩門を再建設すべきなのです。
 んで、ムン・ジェインはそこまでいって三跪九叩頭して、皇帝たる習近平の代理人である王毅を迎えるのです。
 あるいは三不の誓いを石版に記した「大中国国家主席功徳碑」とか建てるべき。
 実際、すでに外交的にはそれほどの状況なのです。

 かつては「朝鮮半島を中国、ロシアといった国に取られたら地政学的にやばい」ということで併合に至らざるを得なかった日本は、もはや絶対に助けの手を伸ばそうとはしない。
 平和憲法もありますが、あんな失政を二度も繰り返してたまるもんかって話でもあります。
 そして当時にはなかった空軍、空母の概念が地政学を変貌させているという面もありますね。このあたりについてはいつか書けたらいいなぁ……。
 韓国が中国に取りこまれたら日本が最前線になるって危惧を表明している人もいるのですが、尖閣諸島問題ですでに対中国の最前線になっているのですよ。
 これからの20〜30年、東アジアは動乱の時期を迎えることになります。

 正直、日本としても韓国なんかにかまっている状況ではないのです。
 自分の世話は自分でしてもらうしかない。
 最後の温情で「これを守るならまともな国としてつきあってやっていいよ」という最後通牒であった慰安婦合意も横紙破り。
 アメリカの大統領を晩餐会に招いて「独島エビ」を饗して、元慰安婦をゲストに連れてくる。
 三不の誓いで日米韓の疑似三角同盟を破棄したも同然。
 そんな輩の面倒をなぜ見なければならないのか、という話なのです。

 カン・ギョンファは今月中に訪日し、ムン・ジェイン本人の訪日も噂されています。
 APECのような多国間会議の場ではなく、差しで話すことで日本の状況というものを理解することになると思いますよ。