平昌五輪組織委員長 ロシア選手団不参加も「個人資格参加は幸い」(聯合ニュース)
国際オリンピック委員会(IOC)が6日(日本時間)の理事会で、国家ぐるみのドーピングを理由にロシア・オリンピック委員会を資格停止とし、来年2月に韓国で開催される平昌冬季五輪への選手団派遣を禁じる決定を出したことに対し、平昌冬季五輪組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は「ロシアがまったく参加できないのではない。選手が個人資格でも出場できるのはよかった」と繰り返した。IOC理事会に出席するため訪れたスイスで、聯合ニュースの電話取材に答えた。

 ロシア選手団の平昌五輪出場は禁じられるが、潔白を証明した選手は五輪旗をつけて「ロシア出身のオリンピック選手」としての出場が認められる。李氏は「ロシアの国旗は掲げることができないが、選手は参加することができる。IOCが次善の代案を出した」と評価した。

 また、こうしたIOCの決定について「ロシアと一定の共感があったと思われる」と述べ、一方的な決定ではないとの見方を言葉を選びながら示した。
(引用ここまで)
 フィギュアスケートはいうに及ばず、バイアスロン、クロスカントリー、さらにはスケルトン・リュージュ・ボブスレーといったソリ系の競技でも強豪国であるロシアが参加できないことになれば、平昌オリンピックはかなりのダメージを受けることでしょう。
 個人出場できるとはいっても、実際にはどこまでできるのか。遠征費用だってかなりかかるものですし。
 そして、そもそもロシア政府がそれを許すのか。
 韓国からロシアに帰化したビクトル・アンはどうするのかといろいろ興味はあるところですが。

 NHL所属選手の平昌参加拒絶(でも北京はビジネスになるからOK)と同レベルのダメージがあるんじゃないかと感じます。
 でもま、韓国にとってはメダルの可能性が増えたということでいいんじゃないでしょうかね?

 昨今のドーピング問題については、選手に対する人権問題として取り扱われようとしています。
 ロシアはそれを意識して反発しているところがあるように感じていますね。「我々を人権抑圧国家のように扱うな!」と。
 WADA、IOC、ロシア政府の間で繰り広げられているそのあたりの葛藤が、この結論となったのでしょうね。
 IOCとしても人権問題を疎かにする団体とされてはたまらない、という面があるのでしょう。商業的に見ても。

 えー、ちなみにドーピングに関しては韓国の検査機関は長らく資格停止処分を受けていたことがあります。

果てなき渇望 ボディビルに憑かれた人々
増田 晶文
草思社
2012/6/12