【コラム】文大統領の「コード人事」に群がる文化人・芸術家(朝鮮日報)
【コラム】「反韓」国立歴史博物館はいらない(朝鮮日報)
 先日大統領府本館で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主席秘書官らと笑顔で記念撮影を行った写真が複数の新聞に掲載された。昨年光化門広場で行われた「キャンドル集会」をテーマに民衆芸術家といわれるイム・オクサン氏が描いた大型の絵画の前だ。その絵の中には「朴槿恵(パク・クンヘ)を逮捕せよ」「だまれ、OUTだ」などと書かれたプラカードも描かれている。大統領府を訪れた海外の首脳らも行き来する入り口に、このようにあからさまな言葉が書かれた絵画を設置することに品があると言えるだろうか。文大統領は今年5月9日夜、大統領選挙での勝利が確定した直後にソウル光化門広場で行った演説で「私を支持しなかった人たちにも仕える統合大統領になる」と語ったが、その様子は今も記憶に新しい。ところがその大統領が「政府の精神に一致した絵」などと自ら解説し、この絵画の前で堂々と記念撮影まで行った。もはや言うべき言葉も見当たらない。

 イム・オクサン氏は2012年と17年の大統領選挙でいずれも文大統領を公然と支持したことや、朴槿恵政権当時は文化芸術界のいわゆる「ブラックリスト」にその名が掲載されたことなどで知られる人物だ。(中略)

現政権発足後に進められた文化芸術関係のさまざまな人事では、文大統領の選挙陣営にいたか、あるいは現政権とコード(考えかたや感じ方)が一致する人物の台頭が際立っていた。例えば盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の初代文化部(省に相当)長官を務めた李滄東(イ・チャンドン)監督の弟で、映画界では文大統領と親しいことで知られるナウフィルム社のイ・ジュンドン氏が映画振興委員会の委員に加わった。この委員会は年間600億ウォン(約62億円)近い支援金を各方面に出すことでも知られる。また左翼偏向として問題となった高校韓国史教科書の執筆者代表を務め、国定教科書反対運動の先頭に立った祥明大学の朱鎮五(チュ・ジンオ)教授は大韓民国歴史博物館の館長に就任した。

 年間2300億ウォン(約240億円)の政府予算を文化芸術界に支援する文化芸術委員会の委員長には、高麗大学の黄鉉産(ファン・ヒョンサン)名誉教授が事実上決まったようだ。黄氏は今年5月の大統領選挙直前「文在寅候補を支持する文学人宣言」の中心メンバーだった。崔順実(チェ・スンシル)受刑者による国政壟断(ろうだん、利益を独占すること)の根源地となった文化コンテンツ振興院の院長もダウム企画のキム・ヨンジュン元代表の就任がほぼ決まった。キム・ヨンジュン氏も2012年と17年の大統領選挙では文在寅候補陣営で活動していた。 (中略)現政権の内閣が大統領選挙陣営出身者、コード、与党「共に民主党」関係者ばかりとなっている現状から考えると、今後も文化芸術関連の政府機関や団体もこのような形で人事が行われることは間違いないだろう。

 李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クンヘ)政権でも大統領選挙陣営の出身者がその後の文化芸術関連の政策や組織に深く関与したため、今回も特に問題はないとする見方もあるだろう。しかし現政権がこれまでと違うことは、前の政権での政府関係者あるいは少しでも関与した人物を全て「積弊勢力」として排斥し、その後を自分たちの息のかかった人物ばかりで埋めたという点だ。その影響だろうか、権力者たちと関係を持ちたいと考える文化人や芸術家たちも徐々に増え始めている。
(引用ここまで)
 今年5月に文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足したことで、韓国は「左派寄り現代史博物館」の懸念が現実になるかどうかの岐路に立たされている。進歩左派の歴史学者の中でも強硬派に挙げられる朱鎮五(チュ・ジンオ)祥明大学教授が、大韓民国歴史博物館の新たな館長に任命された。朱館長は就任直後、メディアのインタビューで現在の展示に不満を表明し、韓国現代史の暗い部分を反映するよう変更していきたいという意向を明らかにした。

 朱鎮五・新館長をはじめとする一部の人々は、大韓民国歴史博物館の現在の展示は偏向していると主張する。進歩左派の視点からすると、満足いくものでないということもあり得る。しかし国民的コンセンサスに立脚すべき教科書的観点から見ると、比較的バランスが取れているというのが穏当だ。 (中略)

 朱鎮五館長は「分裂と対立ではなく、和解と統合の博物館を作りたい」「新たな観点を強要せず、客観的かつバランスの取れた展示を見せたい」と語った。朱館長には、内戦を経験した分断国家の国立現代史博物館トップらしい学問的専門性、思慮深い省察、慎重かつ賢い判断を求めたい。どうか、朱館長が自らの約束を守り、反・大韓民国の歴史博物館を作った人物として記録されることのないようにと、心から願っている。
(引用ここまで)

 「コード人事」と書かれているからなんのことだか分からなくなりますが、要するに「コネ優先人事」ですよね。
 いかにしてムン・ジェインを称えてきたのか。
 選挙に協力したかどうか。
 その思想に連なる活動をしてきたかどうか。

 ムン・ジェインはパク・クネを「旧来の積弊」として打倒したために、まるでまったく新しい英雄が民意を得て生まれたかのように扱われています。
 弾劾というプロセスを経ているので、こういった行動が支持されているように見なされがちです。
 その実は「見事なまでの韓国の首領」なのです。

 ウリとナムをしっかりと区分けし、旧政権幹部財閥幹部、およびチェ・スンシル関連の人物には厳罰を与える。
 チャ・ウンテクには最近になって懲役3年の実刑判決が下りました。
 その一方でウリ、情(ジョン)の通じる相手に対しては最大限の待遇で政権なり、公社なりに迎える。強硬手段で超絶的なお友達内閣を組閣していたことも記憶に新しいところでしょう。
 ……その割には選挙時の外交ブレーンだったホサカ・ユウジ教授は政権内に滑り込めませんでしたが(笑)。

 保守側と革新側というベクトルひっくり返しただけで、構造にはまるで手つかずのまま。
 前政権のすべてを否定する易姓革命であるという構造はそのままなのです。
 そういう視点で見れば、韓国人視点では最高の愛国者となるはずのソ・ギョンドクが、イ・ミョンバクに連なっていたことから冷遇され、犯罪者の烙印を押されているのも当然と言うべきでしょうか。

 国の構造をちゃぶ台返しして一切合切を新しくすることを期待されて当選したのですが、労働組合だけが肥えていくという構造には手をつけない。彼らは「ろうそく革命」を手伝ったウリですからね。
 恩讐だけを重視している政権ってことです。
 ……そりゃ新しいことなんかできるわけないか。

復讐するは我にあり (文春文庫)
佐木 隆三
文藝春秋
2009/11/10