安物の中国人観光を卒業して高品格観光に(東亞日報)
中国の高高度ミサイル防衛システム(THAAD)を巡る報復が緩和され、2日、中国人団体観光客32人が260日ぶりに韓国を訪れた。中国人観光客の帰還は嬉しいことだが、低価格ショッピング中心の「安物観光」の慣行は、少しも変わっていない様子だ。東亜(トンア)日報が3回にわたって連載した「中国人観光客の長城に閉じ込められた韓国観光」シリーズは、このように、中国への依存度の高い観光産業の問題点を指摘し、発展方向を示した現場報告書である。

中国の9ヶ月間の「限韓令」により、韓国観光産業が焦土化したのは、これまで中国人低価格団体観光客に過度に頼ってきたからだ。各旅行会社は、中国現地の旅行会社に1人当たり8万〜20万ウォンの手数料を払って顧客を誘致後、この費用を免税店、ショッピングセンターのインセンティブで埋めてきた。午前は東大門(トンデムン)、午後は明洞(ミョンドン)を回る「ショッピング尽くめ」の理由だ。観光客誘致の多角化が提起されなかったわけではないが、免税店でさえ「最大の利益を最短時間で上げるためには、中国市場にすべてをかけざるを得ない」という現実において、市場の多角化は優先順位から後回しにされざるを得なかった。

観光コンテンツまで不足しているので、外国人観光客の韓国再訪問率は2回が12.7%、3回が6.7%へと激減している。もっと大きな問題は、中国の団体観光が絶たれた後に、韓国の旅行会社のこのような営業慣行が東南アジアにまで拡散し、「韓国観光は安物」という認識が広がっていることである。35ドル(約3万8000ウォン)の韓国3泊4日の観光商品を利用したベトナム観光客たちが帰って行って、果たして韓国をどう思い出すのか恐ろしい。 (中略)

今のように安物中国人観光に依存する行動が繰り返されれば、大韓民国ブランドも安物に転落するしかない。
(引用ここまで)

 いや、それはもうずーっと言っている。
 なんだったら楽韓Webが作られた2002年当時、もしくはそれ以前から。
 「韓国に行けば○○という体験ができる」というものが少ない。
 というかほとんどない。
 観光客が特別な体験ができる場所……K-Popが好きだったり、韓国ドラマが好きだったりするのであれば聖地巡礼ができるからファンにとっては特別な体験になるかもしれませんが。
 あるいはうちみたいに「スケキヨ丼を見に行く」とか「利川石塔を見に行く」とか「南大門の修復の杜撰さを見に行く」とか「月尾銀河レールを見に行く」というような話なら楽しめると思いますが。
 そういうものではなく、最大公約数的に楽しめる場所がないのですよ。

 だからこそ何度も何度もディズニーランドをソウルに作るとか、レゴランド&ハローキティランドを作るとか、ユニバーサルスタジオを作るとか言っているのでしょうね。
 なんにもないから。
 なにしろ国内最大のアミューズメントパークはロッテワールドとかエバーランド。
 ロッテワールドのほうにはちらっと行ったのですが、なんともこう……シンデレラ城もどきとかがあって寂しくなる感じの場所です。
 無料開放で地獄と化したことがある場所ですね。

 高い山があるわけでもない、風光明媚な場所があるわけでもない。温泉に入る猿がいるわけでもなければ、世界遺産はただの土団子
 リピーターはごく少数
 高品格観光なぁ……。どこに?

ただいま半額。
正直、台湾も見所はさほどないのですが。地元民が自虐的になるレベルで。でも、ご飯がうまけりゃそれだけで日本人は行ってしまうのだな、これが。
台湾行ったらこれ食べよう!
台湾大好き編集部
誠文堂新光社
2015/2/12