【社説】中国への依存度下げ外交・経済多角化せねば=韓国(中央日報)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が習近平中国国家主席と韓中首脳会談を行ない16日に帰国した。外交欠礼と「1人飯」議論から中国警護員による韓国記者暴行事件まで、言葉も多く不満も多かった中国訪問だった。文大統領の今回の訪中は改めてさまざまな面で「韓国にとって中国は果たしてどんな隣人なのか」を問い質す契機になった。

21世紀の超強大国に浮上した中国は安保・経済・文化など、ある分野でも韓国だけでなく世界のすべての国に重要な存在であることを否定することはできない。だから文在寅政権も争って北京を訪ね習主席と主要懸案を話し合おうとしたのだ。

ところで訪中結果に対しては批判が多い。さらに「このタイミングでなぜ中国を訪問したのかわからない」とか「韓国が得たものはひとつもない」という酷評もあふれる。中身のない首脳会談と中国の無礼な外交的態度、さらに韓国の低姿勢外交が集まり総体的に屈辱的だったという自嘲も出てくる。「国賓訪問」の意味が果たしてこうしたものだったのかという反問も多い。 (中略)

ただこの機会に中国に対する依存度だけは確実に引き下げなければならないだろう。われわれが中国にばかり深く入れ込むなら差し迫った状況で抜け出すのが難しくなる。高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の時にわれわれはすでにこれを骨にしみるほど感じた。中国の経済報復が続き観光産業をはじめ自動車や化粧品に至るまでさまざまな分野で大きな打撃を受けた。 (中略)

これとともに韓国は経済・安保・韓流など諸分野で多角化に邁進しなければならない。THAAD問題で教訓を得た通り、「ポストチャイナ戦略」もさらに具体化しなければならない。そうした意味で先月文大統領が明らかにした韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による未来共同体構想は積極的に推進すべきだろう。文大統領は先月13日にフィリピンのマニラで「私と韓国政府はASEANとさらに親しい友人になろうとしている」と話した。 (中略)

中国は今回われわれに素顔を残らずさらけだした。習近平主席はトランプ米大統領に「韓国はかつて事実上中国の一部だった」と話したりもした。力が支配する国際社会で生き残るには力を育てなければならない。何がわれわれの力を育てる道なのか本当に深く熟考しなければならない時だ。
(引用ここまで)

 ひとつ前のエントリにあった大統領府高官のセリフのようなバカな話ではなく。
 本当にあえてなんとかよかったことを今回の訪中で探すのであれば、中国というものの本性が骨身に沁みたということでしょう。
 外交、経済等の投資先を分散しなければ、いつまで経ってもこの惨めな状況が変化しないということが、ようやく理解できたかな……という部分を理解した。
 まあ、そんなもんは本来であれば「三不の誓い」の時点で理解すべきなのですが。

 なにしろ2016年の対中国投資額は香港、シンガポールについで3位。香港がほぼ中国本土と同化しつつあり、かつシンガポールが金融中心であることを考えると、純粋な工場等への投資額ではおそらく世界一。
 2016年の上半期の時点で日本をはるかに追い抜いていたくらいで、楽韓さんは「なんでそんなに卵をひとつのバスケットにぎゅうぎゅうになるまで押し込んでいるのやら……」みたいな感想を書いていたほどでした。
 これまでサムスン電子はスマートフォン製造工場をベトナムに作って分散しているようでしたが、ヒュンダイ自動車はとにかくアホほど中国に投資してました。今年は第5工場まで完成して、製造能力は年間265万台
 ですが販売数は130万台以下がほぼ確定的。
 投資先としても販売先としても急激に苦しくなってしまった。もちろん、政治問題的にも。
 卵を入れたバスケットは複数持っておくべきなのです。

 ただ……ムン・ジェイン政権はあくまでも「大成功!」っていうスタンスなのが問題ですかね。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ Blu-ray
IVC,Ltd.
2014/10/24