ロッテ最大の危機 グループ会長に実刑も=22日ソウル地裁判決(聯合ニュース)
ソウル中央地裁は22日午後、背任や横領などの罪に問われたロッテグループの創業者で現在は総括会長の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)被告、辛被告の次男で韓国ロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)被告をはじめ一族や経営陣9人に対する判決公判を開く。

 格浩氏と東彬氏は勤務実態のない親族らに計500億ウォン(現在のレートで約52億円)台の給与を支払うなどしたとして横領などの罪に問われた。東彬氏は系列映画館の売店の運営権を親族の会社に与えるなどしてグループに1300億ウォン台の損失を与えた背任の罪にも問われた。検察は格浩氏と東彬氏にそれぞれ懲役10年を求刑した。

 また検察は格浩氏の長男、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)ロッテホールディングス(HD、本社・東京)前副会長に懲役5年、長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(シン・ヨンジャ)氏と内縁の妻、徐美敬(ソ・ミギョン)氏に懲役7年をそれぞれ求刑した。

 論告求刑公判で検察は「ロッテ創業家一家は違法な手段で財産を移転し、私益のために企業の財産を私物化した」として厳しい処罰を求めた。

 東彬氏は朴槿恵(パク・クネ)前政権で起こった国政介入事件でも朴槿恵氏の長年の知人、崔順実(チェ・スンシル)被告らへの贈賄罪で起訴され、懲役4年を求刑された。
(引用ここまで)

 今週は明日からのカン・ギョンファの訪日もありますが、金曜日にはロッテホールディングス総裁のシン・ドンビン(重光昭夫)、および創業者のシン・ギョクホ(重光武雄)への地裁判決もあります。
 年も押し迫っているのにまだまだ見所が多数ですね。

 記事では求刑の懲役部分しか書かれていませんが、次男のシン・ドンビンへの求刑は懲役10年1000億ウォン。長男のシン・ドンジュには懲役5年罰金125億ウォン。

 シン・ドンビンはチェ・スンシル関連で懲役4年の求刑がされています。
 さらに、95歳で認知症の創業者シン・ギョクホへの求刑は懲役10年罰金3000億ウォン。

 ちなみに記事中の長女シン・ヨンジャは別口の背任収賄で一審では懲役3年(実刑)追徴金14億4000万ウォン、控訴審では一部無罪で懲役2年になって上告。つい先日にあった大法院では高裁判決の一部無罪を破棄して差戻になっています。
 差戻審の判決はまだだったはず。

 この長女への判決を見ても分かるように、実刑判決を容赦なく出すようになっています。
 おそらく、シン・ドンビンらへの判決も同様に実刑判決でしょう。韓国の法整備は日本のそれに習っているので、「判決は求刑の8掛け」というパターンになることが多くなっています。
 それを考えるとシン・ドンビンは懲役7年以上で実刑判決。現在は収監されていませんが、即時の法廷拘束もあり得ます。そうなるとロッテホールディングスは個人の財閥としてはほぼ死ぬことでしょう。

 シン・ギョクホは実刑判決が出てもさすがに収監はないかな。ロッテワールドタワーの114階で失意の晩年を過ごすことになるのでしょう。


 無罪判決や執行猶予がつくようなことはないでしょうね。
 イ・ミョンバクから利を得たものはすべてこうなるのだ、という見せしめにするためにも。
 ムン・ジェイン政権下では財閥はすべて解体までいかないにしても、その勢力を削いでいくのだという宣言の代わりになるのでしょう。
 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンにあいまいな理由で5年の実刑判決が下されたことと同様です。

 財閥を徹底的に罰することで韓国は暗黒時代になるのか、それとも民衆にまで富が届く時代になるのか。
 ムン・ジェインとその周辺は後者になるに違いないと信じ切っているようですが。さてはて。