韓国政府、慰安婦問題への対応を平昌五輪後に先送り(中央日報)
韓国政府が韓日慰安婦合意タスクフォース(RF)の検証結果と政府の対応を分離する「ツートラック(two−track)方針」を固めたことが分かった。TFの結果は慰安婦合意締結2周年となる28日までに発表される予定だが、政府の後続措置は来年2月以降に出すということだ。

匿名を求めた外交部当局者は「慰安婦合意TFの結果は12月中に出るだろうが、それに基づいて政府がいかなる措置を取るかは1、2カ月後に決まるだろう」と述べた。この当局者は「平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)や韓日中首脳会議など重要な日程を控えている」とし「韓日関係に及ぼす影響など総合的な判断をするには時間がかかる」と話した。

別の外交部関係者は「TFが外交長官直属機構であるため、そのまま政府の立場と連結するわけではない」とし「ツートラック対応」方針を確認した。TFは7月31日に慰安婦合意の過程と手続きを検証するために長官直属機構として発足した。

日本外務省にも韓国政府のこうした立場が伝えられたという。19日に日本を初めて訪問する康京和(カン・ギョンファ)外交部長官はこうした基調で政府の立場を伝える予定だ。安倍首相、河野外相とそれぞれ会談をする康長官は過去の問題への言及はできる限りトーンを下げ、韓日両国間の実質的な協力について主に議論するという。

慰安婦合意TFの検証と政府の対応を分離する方針は、韓日関係をこれ以上悪化させてはいけないという現実的な理由と、来年1月の韓日中首脳会議と平昌五輪中の安倍首相の訪韓問題などが絡み、総合的に出した判断というのが、複数の外交消息筋の説明だ。 (中略)

来年2月に開催される平昌五輪も変数に浮上した。政府は平昌五輪に安倍首相が必ず出席するべきだという立場だが、それ以前に慰安婦イシューが浮上する場合、韓日関係はふさがるしかない。国内世論が悪化すれば安倍首相の訪韓も難しいというのが外交関係者の雰囲気だ。安倍政権側も「韓国が再交渉を要求する場合、安倍首相は平昌に行くことはできない」と圧力を加えているという。

しかし政府内には破棄、再交渉を主張する強硬な声が少なくないというのが最後の変数に挙げられる。特に青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交部の一部では「韓米自由貿易協定(FTA)も再交渉するのに、慰安婦合意はなぜ再交渉できないか」という声も出ている。

大統領選挙の公約を覆して慰安婦合意をそのまま維持するのも、文大統領としては容易ではない選択だ。政府はひとまず時間を稼いだということだが、慰安婦イシューはいつでも韓日関係の葛藤の要素になり得る状況だ。
(引用ここまで)

 韓国政府がやっている慰安婦合意検証タスクフォースの結果発表を平昌オリンピック後にするという報道が一気に出てきましたね。
 その理由が「日韓関係をこれ以上悪化させない」「安倍総理に平昌オリンピックの開会式に来てほしい」というものだそうで。
 だったら、そもそも慰安婦合意について検証タスクフォースなんてやらないで、とっとと合意を遵守してくれりゃそれだけでいいんですけどね。
 ソウルと釜山の慰安婦像を撤去して、かつ国際的に慰安婦問題を取り上げない。
 最終的、かつ不可逆的に解決したことを認める。
 たったそれだけで、日韓関係はまともに動きはじめる。

 というか、わざわざ「日韓関係の悪化を防ぐ」っていうなら、トランプ大統領の訪韓の際に元慰安婦を招いたり、独島エビとやらを晩餐会に出して挑発する必要なんてなかったのです。
 そうしなければ晩餐会が成り立たないというわけでもないのに、わざわざ挑発してきた。
 ことあるごとに「慰安婦合意は国民感情的に受け容れられない」と言っては慰安婦合意を破棄なり、再交渉なりするっていうポーズを取らなければ政権が成り立たないというわけでもなかった。

 であるにも関わらず、「慰安婦合意には裏合意があるに違いない」とか言い出して検証タスクフォースを作る。
 トランプ大統領の晩餐会でも挑発を忘れない。
 慰安婦像を撤去するわけでもないし、徴用工裁判について「日韓基本条約で解決されたとは納得できない」とか言い出す。

 明日からの外相会談でカン・ギョンファがなにを言うかは分かりませんが「これ以上悪化させない」というなら、外相訪日以前にやれることは山ほどあったはずです。
 河野太郎外相は「慰安婦合意検証タスクフォースの検証結果は五輪後に発表する」ことが日本になんの利益ももたらさない、それ以前に日本にはなんの関係もないことを指摘すべきでしょうね。