「韓国は日米の信頼を失い、中国は韓国民の心を失った」(中央日報)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の今回の中国訪問は歴史にどのように記録されるだろうか。欠礼だらけの儀典と日程、核心が抜けた合意、中国警護員の韓国記者暴行まで。国賓訪問の外交現場とは信じられないようなことが立て続けに起こり、論争も収まる兆しが見えない。「中国学の開拓者」として50年以上にわたって中国を見つめてきた高麗(コリョ)大学の徐鎭英(ソ・ジニョン)名誉教授(75)は「文在寅政府は『戦争を防いだ』という成果を前に出すだろうが、日本と米国の信頼と韓国民の自尊心を失った」とし「中国も韓国を屈服させる姿を全世界に確認させたと同時に、韓国民の心を失った」と批判した。

−−今回の会談は成功した会談なのか、失敗した会談なのか。

「文在寅政府は会談の準備過程から戦略的に中国にアプローチした。(中略)文大統領は日本の安倍晋三首相と米国のドナルド・トランプ米大統領の面前で『日本は我々の同盟ではない』と言い放った。日米のインド太平洋戦略に対しても青瓦台(チョンワデ、大統領府)がわざわざ出て『編入の必要はない』と明らかにしたことが代表的だ。さらに一歩進んで、今回の首脳会談を通じて、韓日米の3国安保協力に立脚した20世紀の冷戦的東アジア秩序の代わりに、21世紀を中国と共に切り開いていくというメッセージを明確に出した」

徐教授は、文大統領の今回の訪中で最も大きな損失は「日本と米国の信頼を失った点」と述べた。「米国は、文在寅政府の今後4年間またはその後の韓国政府とどこまで安保協力をしていくべきか、北朝鮮問題を扱うにあたり、韓国政府が果たして助けになるのかどうか疑わざるを得ない状況だ。韓国が中国に傾斜したと批判してきた安倍晋三政権も、韓国が日米との価値を共有して協力するような国ではないことが確実になったと判断するだろう。今後、米国が韓国を排除して独自の北朝鮮措置を取ったり、決定的な瞬間に日米が韓国の味方についてくれなくなったりする可能性がある。20年前、外国為替危機の時が最も恐ろしい事例ではないか。その時は経済的破産だったが、今後は軍事・安保的破産を迎えることになるかもしれない」 (中略)

−−韓国は年内の首脳会談を強く希望した。

「中国は初めから『まだ会談する準備ができていない』と誠意のない態度を示した。反面、韓国政府は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を通じて対中関係を復元し、北朝鮮の参加も引き出そうとした。『3不』を中国に譲ればTHAAD問題が解決でき、北朝鮮も平昌に引っ張ってきて、それによって南北関係が改善されれば文在寅政府の国際的地位も上昇するという一連の構想の中で年内に習近平国家主席に会おうとしたようだ。平昌の2年後には東京五輪、その2年後には北京冬季五輪が開かれる。韓日中に集まったオリンピック3つを通じて東アジアを平和と祝祭の場にできるという絵を描いて中国がこれに引き寄せられると考えたかもしれない。問題は中国を読み誤ったところにある。今回の首脳会談の儀典や日程などは最悪だったし、これによって韓国民の自尊心も傷つけられた」 (中略)

徐教授はそれと共に「文在寅政府が向こう20年、国際社会の大きな流れを読んで対応しようとする姿勢は間違っていないが、現実主義的な力と段階別の緻密(ちみつ)さもなく本音を国際社会にそのままさらけ出している」と批判した。(中略)

徐教授は「現政権の臨機応変式外交と言動の不一致が国内外にあまりにも知られすぎた」とし「中国が今回の韓国政府の戦略的アプローチを受け入れないのも不信という側面がある」と解釈した。「思い切って言えば、韓国は米国の立場では裏切り者、中国の立場では日和見主義者に映る。このような形なら、決定的瞬間に強大国数カ国が韓国を排除して韓半島を料理する可能性もある」 (中略)

「国内政治はこちらの道を進んでいて『こちらの道ではなかった』と思えばいつでも方向転換できるが、外交は試行錯誤ができる余地はない。いつも真剣勝負で臨まなければならないのが外交だ」
(引用ここまで)

 この記事で意見を述べている徐鎭英教授は寡聞にして知らなかったかたですが。
 正論ばかり。
 というか、高麗大学の名誉教授がこういう話をすることができる部分が、韓国は国としてまだぎりぎりで絶望の国ではないと言えなくはない……くらいのところ。
 体制批判を毫ほどもできない中国とはさすがに違う、とはいえるかな。

 でもまあ、こういう話は政権には通らないのでしょうね。
 なにしろ、政権中枢の声としてはあの体たらくを採点するなら120点なんですから。
 ムン・ジェインが中国に三跪九頭叩するのはしょうがない部分ではあるのです。念願の統一にしても北朝鮮核問題にしても中国がほぼすべてのカードを握っているのは間違いない。
 どうあがいても21世紀半ばに向けて中国が韓国を自陣営に取り入れていくであろうことは決定的な事実。

 でも、その事実を最悪の形で体現してしまったことが問題なわけで。
 三不の誓いで主権を放り投げただけでも充分なほどだったのに、それに続いて中国の狗であることをわざわざ中国に赴いてまで宣言してしまった。
 正直、ここまで一気に中国傾倒を進めていくとは思いませんでしたね。北朝鮮との統一のためには駐韓米軍基地の存在が邪魔になるので、戦時統制権返還→米軍撤退と10年くらいかけて進むと思ってました。次の政権も左派政権になるでしょうから、なんらかの院政まで敷くかもしれないなと。
 ですが、場合によってはムン・ジェイン政権の間に米軍の撤退までありえる状況になってきました。

 ノ・ムヒョンの系統を継ぐ政権であるだけに、そういう方向性は見せるとは就任時から考えていましたが、さすがにここまで性急とは思いもしませんでした。本当に米軍撤退まで意識した行動なのか、若干の疑問もあります。
 でも、それ以外にこの行動の解釈のしようがないのです。
 本当の無能で、かつ本物のバカであるというのなら話は別ですが。さすがにそこまでではない……と思いたい……のだけどなぁ……。