「30人未満業者だけに助成金なんて」... 35人の中小企業、6人の人員削減を計画(朝鮮日報・朝鮮語)
12日午前、京畿道高陽市の文具メーカーK社の工場。スタッフ30人余りがノートと方眼紙・原稿用紙などあらゆる書式の紙を機械でビニールに梱包したり、配達トラックに載せる作業の真っ最中だった。現場では、この会社の社長の朴氏夫婦と二人の息子、嫁まで一家5人の従業員と一緒に包装紙と配達作業をしていた。同社の年間売上高は40億ウォン前後だ。同社パク代表は「今の工場を圧縮ビニール包装パックに入れるようにして維持しているが、来年の最低賃金を上げることは従業員を解雇するしかない」とし「従業員をすべて正規職として雇用して解雇だけ絶対にないというのが創業60年の企業の誇りだったが、現場を知らない政府のために心がつらい」と語った。同社は現在、35人の従業員の数を29人に減らす案も検討している。つまり、来年に政府の最低賃金助成金を受けることができるからである。政府は最低賃金対策として従業員30人未満の零細企業や小商工人に対して2兆9707億ウォン規模の資金を支援することにした。

本紙の「中小企業経営者対象の緊急アンケート調査」で、回答者の半数以上(62.2%)が「来年の新規採用計画がない」と答えた背景には、零細中小企業が耐えがたい追加人件費の負担がある。中小企業中央会の試算によると、来年の最低賃金引き上げに応じて、企業が追加で負担しなければなら人件費は、合計15兆2458億ウォンである。現在、国内の中小企業のうち、40%程度が営業利益で利子を出せない現実で最低賃金引き上げへの対応策として「従業員削減」を選択するしかないということだ。

仁川広域市にある鋳造メーカーS金属社のシン代表は、「現在のような最低賃金上昇に耐える困難な状況では工場を閉鎖するしかない」と語った。現在の従業員25人の会社は、月に8000万ウォン前後の人件費を支出している。来年から月に人件費が1000万ウォンほど増える状況である。新代表は、「3年目1億ウォン前後の赤字を見ながら会社を集めてきたが、もう限界が見える」とし「今後も最低賃金を追加引き上げがあるとしたら、もはや耐えることのできる工夫の余地がない」とした。中小企業系関係者は「鋳造、溶接、金型、熱処理、表面処理などの零細製造業の分野では、連鎖倒産危機説まで登場するほど」と話した。

中小企業の雇用が揺れれば、国内全体の雇用環境が悪化する可能性が大きい。国内全体の労働者のうち、87%(1311万人・以下OECD集計)が中小企業(従業員数250人未満)で働く。国内の中小企業の労働者の割合は、米国(41.33%)、日本(52.8%)、英国(53.08%)、フランス(63.3%)など主要国に比べて大幅に高い。韓国が最低賃金の変動に最も脆弱な経済構造だという。

中小企業の研究者であるノ民選研究委員は、「急激な最低賃金の引き上げ、労働時間の短縮などの雇用環境の悪化が、国内の雇用を支えてきた中小企業を海外に進出させる役割をする恐れが大きい」と述べた。国内の大企業が、2000年代初頭から、中国・東南アジアなどで製造拠点を大挙移動したことに続き、中小企業も韓国を離れる現象が広範囲に広がっているということだ。実際に韓国輸出入銀行の集計によると、国内の中小企業が、今年1〜9月の海外に投資した金額は、56億2455万ドル(約6兆1250億ウォン)で、昨年の同期間より20%増えた。現在の傾向なら歴代最高だった昨年(年間61億747万ドル)の記録をはるかに超える見通しだ。
(引用ここまで)

 30人未満の中小企業だけがひとりにつき13万ウォン/月の助成金をもらえる。
 というわけで35人を雇用している会社が6人解雇して助成金対象企業になろうとする。

 ……まあ、そりゃそうなりますよね。
 これまでだって韓国の中小企業はぎりぎりの採算でやっているところも多く、「利益で借金の利払いすらできない」ゾンビ企業、あるいは「ゾンビ企業にはなっていない」くらいのバランスでやってきた企業に、なんの数字的な根拠のない16.4%っていう最低賃金上昇を食らわせているのですから。
 これ一回きりならともかく、3年で最低賃金を1.5倍にするって宣言している。
 おまけに最低賃金を遵守しない企業には懲罰的損害賠償金を導入しようとしている。
 なにしろムン・ジェイン大統領様の聖公約ですからね。逆らえば反革命勢力として高く吊されること間違いない。

 企業としても対策しないとどうしようもない。
 無人店舗を増やし、海外脱出が増える。赤字を出してまでやっていく意味がないと閉業するところも多いことでしょう。

 ムン・ジェインの経済政策って最低賃金1万ウォンをはじめとして、どれもこれも頭でっかちが考えた「ぼくのかんがえたさいきょーのけいざいせいさく」って感じです。
 まあ、だからこそその行く末を見守りたいのですけどね。いまのところ「Jノミクスマンセー!」とのことなので、5年間強圧的にこのまま進めていけるでしょう。
 ああ、このままだと韓国が経済大国になってしまって、日本は困ってしまうー(棒読み)。

爆発する韓国経済 (Voice S)
室谷克実
PHP研究所
2016/11/28