外相会談で見えた日韓の温度差 北、慰安婦、徴用工…「韓国が雰囲気づくりを」(産経新聞)
 今回の康氏来日は、韓国側が要請した。外務省幹部は「(今月中旬の)文氏の中国訪問が終わり、中国に気兼ねしないで日本に来られるということではないか」と分析。安倍首相の訪韓について確約を取ることも、康氏来日の目的だったと見る。 (中略)

 だが、安倍首相の訪韓に関しては冷淡な姿勢を保っている。政府高官は「そんなことを言うなら、まず雰囲気をつくれと思う」と語る。19日の外相会談でも河野氏は「国会日程など諸事情を踏まえて検討する」と慎重に回答した。

 日本側が韓国政府に「雰囲気づくり」を求めるのは、慰安婦と北朝鮮をめぐる対応だ。

 一昨年の慰安婦に関する日韓合意について、文政権は「国民感情から合意は受け入れられない」との立場を崩していない。康氏直属の作業部会が合意成立の経緯について検証作業を進めている。

 日本政府内には「国内で検証するのは勝手だが合意はチャラにできない」(外務省幹部)と突き放す。河野氏が19日の会談で「解決済み」とする徴用工の問題をわざわざ取り上げたのも、歴史問題を蒸し返す文政権の姿勢を牽(けん)制(せい)する意図があったとみられる。 (中略)

 康氏は20日朝に羽田空港を出発する。19日夜は都内のホテルに泊まったが、河野氏主催の夕食会は開かれなかった。
(引用ここまで)

 いくつかはじめての知見。
 まず、今回のカン・ギョンファの訪日は韓国側の要請で実現していたということ。
 日本側から要請する意味はないのでおそらくそうだろうなとは思っていましたが。韓国側からは慰安婦合意検証についての話、安倍総理の平昌冬季オリンピックへの招聘があるので訪日したかったということでしょう。
 河野大臣から徴用工についての話も出たというのは他の報道では見られないのですが、本当にあったんでしょうかね。ムン・ジェインの徴用工裁判への言及に対して、河野大臣は韓国で行われる国際会議への招待を拒絶したこともあるくらいなので日韓外相会談で出てもなんら不思議ではないのですが。
 個人的には世界遺産の情報センターについての話がどうなったかが興味があったのですが、こちらはなにも報道が出ていませんね。
 夕食会が開かれなかったというのはいい対応です。どういう扱いなのかを如実に語っていますね。

 さて、ちょっと情報が錯綜している感じがあるので整理しておきたい部分が慰安婦合意検証タスクフォース。
 昨日、速報で慰安婦合意検証タスクフォースによる検証結果が27日に公表されるというニュースを紹介しました。
 カン・ギョンファはその内容、もしくはどのようなものになるのかの大筋を事前に伝えにきたのであろうという話です。
 で、以前に「韓国政府は検証結果に対してどのような対応をするかは平昌冬季オリンピック後に決定する」というようにも書いています。
 自分でも書いてて混乱していたのですが、「検証結果の発表」が27日。そして、韓国政府が「検証への対応を発表」するのが平昌オリンピック後ということになったのですね。

 安倍総理が平昌五輪にくるかどうかで対応をあるていど変えるというような話が出たのかもしれません。
 この2年間というもの、慰安婦合意という外交カードで韓国側は圧倒的にやりこめられてきたわけです。
 それを覆そうとしている、というのが「検証」というカードのつもりなのではないかなと感じます。
 ただまぁ、産経新聞の記事にもあるように「検証するのは勝手」くらいのものなのですよね、日本側の対応は。
 検証結果に対して韓国政府がどんな対応をしても「国内事情」であって、日本側は「合意を遵守せよ」で終わりなのですが。

 どうもなんかこう……根本的な勘違いをしている気がするんだよなぁ。
 それがムン・ジェインの政治的センスの欠如に起因している気がします。
 訪中についての自己評価も「実利を得た」って言ってたくらいですからね。

“検討します”を言わせない営業術
浅井 隆志
PHP研究所
2011/1/31