文在寅大統領の支持率68.7% 下落に歯止め(聯合ニュース)
 韓国世論調査会社のリアルメーターが21日発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より0.1ポイント上がった68.7%だった。不支持率は0.3ポイント下落の25.4%。 (中略)

 リアルメーターは、文大統領の中国訪問(13〜16日)や大統領秘書室長の中東派遣などを巡る野党の攻勢と批判的な報道が一部で支持離れを招いたものの、中核支持層にはほとんど影響がなかったと分析した。
(引用ここまで)

 「……マジっすか」

 と、この記事のタイトルを見たときに素で口から出てしまって、電車の中で「なにこの人」という視線を受けたことを告白しておきます。

 いや、すごい。
 あれだけ中国で塵芥かのように扱われ、報道陣は殴られ、メディア・野党からはフルボッコ。ただハンギョレだけが実利を得た外交だったと評価してくれた訪中を見たあとですら、2/3以上が支持している。
 ちなみに自己評価も「韓中関係の全面的な正常化と協力の土台を固めたという点で非常に充実した成果を得た」というものだったそうです。

 「外交天才!」「外交王!」とあまりの絶賛具合に「まだコメント部隊って存在するんじゃないの?」くらいのことを書きましたが、メインの支持層にはまだ響いてないようですね。
 考えてみれば、訪中に対して肯定的な評価が55%でしたからね……。

 逆に考えればムン・ジェインがどんな政策を出そうとも、このメイン支持層は熱狂的に支持してくれるというわけで。
 なるほど、5年間の任期は万全、盤石といっても過言ではなさそうですね。
 楽韓Webがムン・ジェインを熱烈支持するまでもないくらいに(笑)。

完全独習 統計学入門
小島 寛之
ダイヤモンド社
2006/9/28