韓国に加藤清正の像を建てる…苦しむ姿を演出(中央日報)
韓国蔚山(ウルサン)広域市中区(チュング)役所が慶長の役当時、倭軍が建てた城「鶴城(ハクソン)公園」に朝鮮を蹂躪した武将「加藤清正」の像を建てることにして問題となっている。

蔚山市中区役所が日本観光客の誘致などのために鶴城公園に10億ウォン(約1億508万円)の予算を投じて慶長の役当時の姿を再現する工事を行っている。特に、鶴城公園入口に当時朝鮮軍の都元帥・権慄(クォン・ユル)、明国将軍の楊鎬とともに武将・加藤清正の銅像を建てる。1.7メートルの加藤清正像は現在、考証を経て製作中だ。 (中略)

蔚山市中区役所は加藤清像の設置に対して「歴史的に意味のある鶴城公園がスラム化し、市民から遠ざかる現実を取り戻すためのもの」としながら「設置される銅像は権慄将軍と明の楊鎬将軍は騎馬像で蔚山市倭城に進撃する姿であり、加藤清正は島山(トサン)城戦闘で城内に孤立されて水と食糧不足で苦しめられている姿」と明らかにした。

だが、地域社会と政界は「日本がまだ謝罪をしたこともないのに日本の武将の像を建てるのは間違っている」として反発する雰囲気だ。
(引用ここまで)

 さすがに清正公が死んだというような嘘はつけないから「加藤清正が朝鮮で苦しんだ」というような像を建てようってことですか。
 加藤清正が朝鮮征伐でなにに苦しんだって、そりゃ餓えでしょうよ。記事にもありますが。
 蔚山城戦はまだ兵糧備蓄ができてない段階での戦いで、戦闘そのものでは圧勝していたのだけどもとにかく餓えに苦しんだという描写があります。熊本城のそこら中に非常食が蓄えられているのはこのときの経験からだったという話ですね。
 戦闘そのものに関しては2回の攻城戦で明・朝鮮軍は圧倒的にやられてます。

 それでですね。この「苦しむ加藤清正像」を建てて、日本人観光客を誘致したいんですって。
 「苦しむ清正像」目当てに日本人観光客……来ますかね?
 鹿児島にイ・スンシンが島津方によって頭を撃ち抜かれる像とか作るのとそう変わらないのですが、そんなものに魅力があると思っているのやら。
 史実的には「清正公に鉄砲ぶっ放されて数万人単位で戦死する明・朝鮮軍」が実際ですしね。

 ……まあ、いつか倭城跡には行ってみたいと思ってます。
 ですが、記事の蔚山倭城跡に関してはほとんど石垣すら残っていないというような状況だそうです。西生浦倭城は比較的保存状態がいいらしいという話なので、こちらには行ってみたいなぁ。
 以前、「韓国人は熊本城を韓国人が作ったと思っている」というエントリを書いていますが、これらの清正によって築城された倭城が熊本城に似ているという部分もあるのかなぁ……とか思っていたり。
 仮設的なものではなく本格的な城だったという話ですしね。

 記事では反対の声も大きいのですが、朝鮮征伐で都一番乗りを果たした猛勇の将であることがなんとなく知られているからかもしれませんね。
 虎退治のエピソードはけっこうポピュラーだという話。

こんな本があったとは知らなかった。
倭城を歩く
織豊期城郭研究会
サンライズ出版
2014/11/20