日本、護衛艦「いずも」を空母に改造検討へ(ニューシス・朝鮮語)
日本政府が26日、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を戦闘機の離着陸が可能な空母に改造することについての検討に入ったと時事通信が報じた。

改造が完了すると、海上自衛隊としては初めて空母を保有することになる。
海上自衛隊は出雲が空母に改造された場合、短距離離陸・垂直着陸が可能な米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを艦載機として運用することを想定している。
これは、米国と日本の協力を強化して挑発行為を繰り返す北朝鮮はもちろん、海洋進出を強化している中国の脅威に対抗するための目的であると思われる。

日本政府の公式立場によれば、専守防衛という観点から、攻撃空母や大陸間弾道ミサイル(ICBM)、長距離戦略爆撃機の保有は認められない。
政府はこれを受け、いずもを空母に改造しても攻撃ではなく、防御型空母と位置付けすること、既存の立場に反していないと判断したと思われるが論争が予想される。
(引用ここまで)

 これ、レーダーが強力でかつステルス性能の高いF-35B数機をAWACSの代わりに最前線にぶちこんでデータリンクで水平線の向こうまでイージス艦の索敵能力を広げるって話ですよね。たぶん。
 でないと取得数が10機っていう数の意味があまりない。攻撃手段としてはあまりにも中途半端な数です。
 で、軽空母の護衛艦としてイージス艦を出して、かつ攻撃もイージス艦から行うっていうシステムになるんじゃないかな。
 攻防でそれぞれ1隻のイージス艦が付随するという感じですかね。当然、水面下には潜水艦も随行するのでしょう。小規模だけども空母打撃群を構成するというイメージ。
 かつ「攻撃をF-35Bにはさせない」ということで「専守防衛」の建前はぎりぎり保たれる。

 F-35Bだけをまず取得して、滑走路の短い空港しかない島嶼部に置いちゃってもいいですしね。
 この運用の仕方なら中国の島嶼侵略への対抗手段としては最適解である気がします。

 韓国でもかなり興味を持たれているニュースのようで、コメント数は600を超えています。いくつか他のニュースもあわせて見ると……

「防御型空母ってなんだよw」
「イ・ミョンバクの4大河川事業なんてやらなければ空母2隻買えてるのに」
「独島艦(韓国の強襲揚陸艦)を改修して我々も空母を持とう!」
「いずも型は最初からそのつもりで建造してたんだろ」

 といったようなものが多数。意外と落ち着いているイメージ。いくつか「韓国に領土的野心を……」っていうコメントも散見できますが……まあ、いつものことなのでスルーしてます。

最強 世界の空母・艦載機図鑑
坂本 明
学研プラス
2017/8/23