河野外相:慰安婦合意変更なら「日韓関係はマネージ不能」(ブルームバーグ)
日本政府高官は「ばからしい」と一蹴、河野太郎外相談話「変更しようとすれば、マネージ不能に」(産経新聞)
韓国政府の作業部会が慰安婦を巡る日韓合意についての報告書を発表したことを受け、河野太郎外相は27日、合意を変更しようとすれば「日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を出した。
(引用ここまで)
 日本政府高官は27日、韓国政府が発表した日韓合意の検証結果について「ばからしい」と一蹴した。(中略)

 外務省幹部は河野氏の談話に関して「(韓国政府が)悪いことしているのだから、言うべきことを言うのは当たり前だ」とした。

 韓国側は2月の平昌五輪の際に安倍晋三首相の訪韓を求めているが、日本側は返答を留保したまま。文政権が合意履行の意思があるか慎重に見極めた上で判断する方針だ。
(引用ここまで)

 思いのほかしょぼかった慰安婦合意検証タスクフォースの検証結果発表でしたが、河野外相からは「合意を変更するならマネージ不能となる」との談話が出されました。

 まあ、正着手でしょう。
 これまで盛んに安倍総理以下の内閣は口を揃えて日韓関係について「マネージされた関係が必要」と言い続けてきました。
 この「二国関係を適切にマネージする」という言葉が最初に出てきたのはムン・ジェインからの特使であるムン・ヒサンが訪日した際でしたね。
 必要となるのは「友好」とか「親しみのある関係」とかではなく、あくまでも「マネージされた関係」。
 そして、慰安婦合意を破棄したり、再交渉を求めてきたりしたあかつきにはその関係すら不能となる。

 ムン・ジェインに対して日韓関係は終わりになるという最後通牒を言い渡しているわけですが、それを理解しているのかどうか……。
 もっと中国大使のように「日韓関係は一瞬で終わりだ」くらいの直接的な物言いにしたほうがいいかもしれませんね。
 それであってですら理解することができずに、北朝鮮のミサイルにびびりまくりであれほど環境アセスメントは1年以上実施して〜と、どうのこうのって叫んでいたはずのTHAADミサイル配備を一夜にして決定してしまったほどでしたから。

 3月頃を予定している韓国政府側のリアクションもなかなか楽しみになってきましたね。

マネジメント[エッセンシャル版]
P F ドラッカー
ダイヤモンド社
2001/12/13