「交渉無効」一貫した声... 外交爆風負担のジレンマ」(京郷新聞)
青瓦台は27日、「韓日、日本軍慰安婦被害者問題の合意検討タスクフォース」(TF)の調査結果発表に公式の立場を出さなかった。合意導出過程で多くの問題があったが確認されたが、ムン・ジェイン大統領の野党代表時代における宣言通り合意を無効にするには韓日関係に及ぼす影響が大きすぎるからである。代わりに、大統領府の「関係者」という立場であることを前提に、「真剣に悩んでいる時間が必要だ」と述べた。

関係者は「政府は(今回の調査結果を)本当に真剣で謙虚に受け入れるには申し上げたくて、慰安婦被害者の祖母の両方の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒すために真正性があり、実質的な措置を講じたい」とし「慰安婦被害おばあさん当事者と関連団体、専門家の意見を十分に収束反映して、今後の韓日関係に与える影響も勘案していく」と述べた。

「真正あり、実質的な措置」に合意し、廃棄や再交渉が含まれることがあるのかという問いには、「TFがとても独立して動き、私たちも内容を(事前に)知ることができなかった。少し時間をくれ」という回答を繰り返した。

ただ、政府の立場発表が来年2月平昌冬季オリンピックを越すことはないと述べた。安倍晋三(安倍晋三)日本の首相の平昌冬季オリンピックの開幕式に出席の可能性を念頭に置いて、青瓦台が時間稼ぎに出ないかという一部の予想に線を引いたものである。 (中略)

ムン大統領は共に民主党代表時代の慰安婦の合意が被害者の祖母を冒涜して、国会の同意を経なかったとの合意の無効を宣言した。

しかし、大統領選挙の過程では、合意導出過程を検証するという立場で口調を和らげてきたし、当選後に合意の問題点を指摘しながらも、「両国がその問題にぶら下がって、他の問題の発展を妨げる道ひいてはならない」と述べた。

このため、民大統領が韓日関係を考慮して、慰安婦の合意を破棄したり、再交渉を推進する可能性は低いという観測が出ている。被害者ハルモニたちの実質的支援などを通じて理解を求める過程を経た後、国際関係の現実論に立脚して対応していくものと思われる。
(引用ここまで)

 韓国国内でも今回の慰安婦合意検証タスクフォースによる検証結果発表に対して賛否が分かれています。
 基本的に国民側からは「なんでここまで負けを重ねる交渉をしたんだ」っていう評価ですが、メディアからは「非公開としていたものを2年で公開するなんて、外交的リスクを負うほどのものか?」という論調が出ています。

 朝、久しぶりにテレビをつけてぼーっと見ていたら、浅羽新潟県立大教授が出てきて「外交面で公表についてリスクがあるけども、そのリスクを冒さないと政権がもたない事例」という話をしていましたね。
 慰安婦合意について、非公表とされていた外交関連文書をわずか2年で公開するというのはリスクであると認識はしている。
 だけども、慰安婦合意についてなんらかのアクションを起こしておかないと、それ以上のリスクを政権が担うことになってしまうのでやらざるを得ないというところですかね。

 ムン・ジェインとしても大統領選挙では「慰安婦合意を追求する、再交渉する」という姿勢を見せなければ勝てなかった。
 しかし、現実に外交問題として再交渉するというのは日韓関係に支障が出る。
 けども、国民からの期待は「破棄」、最低でも「再交渉」にある。
 完全に板挟み。

 日本側からしてみたら「まあ、がんばってなー」くらいのものですけどね。
 この板挟みから逃げるためにどんな対応をしてくるのか。そのだけは注視しておく必要があるとは思いますが。
 この京郷新聞の記事では「日韓関係を慮って破棄、再交渉はしないのではないか」ってありますが、さて。
 次のエントリで韓国、日本のメディアによる社説等をまとめる予定です。

リスクを取らないリスク
堀古英司
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2014/9/16