韓国はなぜか気づかないが、日本は韓国に冷め切っている 首相周辺「日韓関係は破綻」(産経新聞)
 韓国メディアが好んで使う表現を用いれば、日本は「道徳的優位」に立っている。慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意に基づき、10億円を拠出するなど既に約束を果たしているからだ。後はただ、韓国側の約束不履行について、高みから見下ろすように信義違反だと叱りつけ、約束実行を迫り続ければよいのである。

 そして、現在の日本政府は実際にその姿勢を貫いている。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が19日に来日し、河野太郎外相と会談した際にはこんなやりとりがあった。

 康氏「日韓合意について韓国民は納得していない」

 河野氏「納得させるのはそちらの仕事で、こちらの仕事ではない」

 康氏「朴槿恵(パク・クネ)前大統領が勝手に決めて韓国外務省は関与していないので、正当なプロセスを経ていない」

 河野氏「首脳同士が合意し、両国外務省が最後は握手した。これを正当なプロセスでないというのであれば今後、韓国とは何も決められない」

 康氏は、これに明確な反論はできなかった。この後、安倍晋三首相と面会したときも、首相から韓国が合意を破棄したり、見直ししたりしないように強く迫られ、青くなったという。

 日本政府はもともと、合意に基づき拠出した10億円を「手切れ金」(高官)と位置づけ、今後、慰安婦問題で何をふっかけられても相手にしない「戦略的放置」路線を決めていた。今回の韓国による合意検証に関しても「無視する」(別の高官)との姿勢だ。 (中略)

 韓国側が、ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像移設などの約束を果たす以前での10億円拠出には、日本国内に批判の声もあったが、安倍首相は最近、周囲にこう語った。

 「あの時さっさと払っておいて本当によかった」

 韓国側はなぜか気づかないが、首相官邸も外務省も含め、日本政府は韓国に冷め切っている。首相周辺は27日、「個人的には日韓関係は破綻していると思う」と漏らした。
(引用ここまで)

 韓国と韓国メディア(そして一部の日本メディア)は気づいていないのですが、日韓関係はすでに冷め切っています。
 それを対外的に明らかにしたのが、特使派遣時の「マネージ」宣言であり、外務省サイトから「基本的価値を共有する」という記述が削除されたこと。
 ここ数年、日本政府は韓国に対して延々と「ただの隣国関係」を目指してきた、というのは過言ではないと思います。

 それでも韓国側は「我々にはもっと価値があるはずだ」という扱いを求めてきている。
 まあ、それは対日だけではなくアメリカに対してもそうですし、中国に対してもそうなのですけどね。
 自分たちの価値を過剰に見ている。「我々は地政学的重要地域である」という認識なのか、「長らく共産主義に対抗する最前線にいた」という認識なのか。
 後者の認識を押しつけて日本から円借款をもぎ取っていったなんてこともありましたね。
 でも、世紀も年号も変わり、もはや日本側の韓国への認識は「やっかいな国」でしかない。

 北朝鮮核問題で「我々は最前線にいるぞ」とか「我々こそがキーを握っている国だ」ってアピールをしていますが、韓国と連携しなくても日本はアメリカとだけやりとりしていればなんとかなる。
 アメリカも半ば韓国については諦め気味。
 慰安婦合意は「これを遵守できるなら国同士としてなんとか付き合えるよ」という最後の温情だったのですが、それすら理解せずに「この合意では慰安婦問題が解決されていない」とか言っちゃう。
 そりゃ「もはや破綻している」って言われても仕方ないでしょうね。

割れない!冷めない!熱くない!画期的なドンブリ!燕の技術が生んだ渾身の逸品 メタル丼 黒仕様
村の鍛冶屋
2010/2/16