中国からの旅行、年末年始1位に日本 韓国は圏外転落(日経新聞)
中国の旅行予約サイト最大手、携程旅行網(シートリップ)によると、年末年始の海外旅行の人気旅行先の1位は日本だった。地方都市の一部で団体旅行を制限したが、個人旅行の比率の高まりに加え、口コミで評判が広がったことなどから前年の3位から躍進した。外交関係が悪化した韓国は前年の2位から11位以下の圏外に転落した。 (中略)

 韓国が圏外に転落したのは米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)問題がきっかけだ。中国の旅行会社が団体旅行の販売をとりやめた影響が大きい。個人旅行客も外交関係の悪化を受けて敬遠したとみられる。
(引用ここまで)

 与党や大統領府曰く「120点の訪中」、ハンギョレ曰く「実利を得た」もので、ムン・ジェイン本人曰く「前政権で行き詰まった対中外交を突破することができた」と内輪褒めで絶賛。
 ネチズンらも「我らの外交王!」「外交天才ムン・ジェイン、素敵です!」と熱狂。
 まあ、実際には冷遇に冷遇を重ねられて、随行記者はぶん殴られて謝罪ゼロ大統領府はその事件を隠蔽しようとするというくらいに悲惨な訪中だったのですが。

 まあ、それでも本当に実利があればまだ救われたのですよ。
 中国人観光客が韓国に戻り、インバウンドで韓国が潤うという分かりやすい「実利」があるのなら。
 あるいはそれ以外でもなにか目に見える本当の実利があればいいのですが。例えば習近平が平昌訪問するとか。

 だけども、実際には中国からの観光客数は2位から圏外。
 観光ツアー解禁ってニュースもありました(そしてやっぱり禁止されているというニュースもありました)が、現実に来ていない。
 もっとも観光資源としての韓国が中国人にとって飽きられているという側面が大きいですかね。

 最近は日本に来る中国人観光客も個人客がかなり多くなっている感触です。
 通り一遍の観光ではなく行きたいところ、見たいものが具体的にあって日本に来てる人も増えてきてますね。  もちろん、ツアーもまだまだ多いですけど。

 何度か書いていますが、韓国の観光資源って笑っちゃうくらいにないので、個人客へのアピールは相当に難しいでしょうね。
 よほどの好事家であれば別でしょうけども。