【グローバルアイ】「記者、あなた日本人なの?」  特派員が感じた韓日の温度差(中央日報)
東京特派員の宿命のように業務は慰安婦報告書の発表という大型テーマから始まった。報告書発表一日で出た大統領のメッセージに韓日関係は予想通りに揺れ動いた。ところで、かつてとは日本国内の雰囲気が違った。慰安婦問題が浮き彫りとなるたびに日本政府の真正性のないことを批判した進歩新聞のアプローチも、ともかく韓国とは関係を改善すべきだと訴えていた知韓派議員の気流も、ソウルの日本大使館出身官僚らの態度も違った。

彼らは「外交的合意をすべて公開すれば誰が韓国と交渉するか」「国内政治的理由で起きた問題をなぜ日本に持ってくるのか。韓国と合意するたびに韓国国民に世論調査を実施しなければならないのか」として国家間合意の厳重さを強調した。このような気流を新聞に報じたところ、「記者が日本人なのか」「やっぱりその輩」というモバイル“書き込み戦士”らの嘲弄を浴びた。「日本内部の事情がなぜ重要なのか」「知韓派も要らない」として耳を防いだ彼らにとって日本現場の雰囲気なんかはすでに関心の外だった。

4強に囲まれている韓半島(朝鮮半島)、ここにやってきた未曾有の安保危機の中で一番前列に立っている外交総司令官は大統領だ。もちろん、そうだと信じているが、大統領の見解は書き込み戦士らの水準とは違うべきだ。「条件なしに間違って、条件なしに正しい」ではなく、「間違うかも、正しいかも、都合の良いかも、都合の悪いかもしれない」という慎重で鋭い計算が必要だ。大統領が掲げた「国民と共にする外交」がややもすると選挙を控えて一部の国民に限って共にする「0or100」の外交になるか懸念される。
(引用ここまで)

 カン・ギョンファ来日が云々されているときに実際に日本にくれば、日本人が韓国に対してどれだけ醒めているか分かるだろうに……と書きましたっけ。
 朝鮮日報の金大中(元大統領とは無関係)も日本に来てようやく「こりゃヤバい」って感じていましたね。
 同様にこの中央日報日本支社長となったソ・スンウクもいまの日本の醒めた韓国観をひしひしと感じたのでしょう。
 ちなみにソ・スンウクは、セウォル号沈没事故の際には「日本人はもっと韓国を慰労しろ!」って書いていた元東京特派員でしたね。自分たちは東日本大震災の時に「日本沈没」って書いていたことも棚に上げて。

 でも、もはやネチズンにはそんな声は届かない。届かなくていいと思ってますが。
 そしてムン・ジェインもそういった苦言よりも、ネチズンの「ありがとうムン・ジェインを検索1位にしよう」なんてバカな行動を重視している。こちらもこれでよし。

 ネチズンはもはや耳の痛い意見に対して「キレギ(韓国のネットスラングで「マスゴミ」に同意)がここにもいるぞ!」としか言わないようになっています。
 ろうそく革命がすべてで、その精神に反するものはすべて高く吊すくらいの勢いなのでしょう。
 閉塞した韓国社会をぶち壊すムン・ジェインがようやく出てきたのに、その活動を邪魔することは許さない……というような感じかな。

 韓国が「日本などもう重要な国ではない」とするのであれば、それでけっこう。
 罵り合いでもない。
 友好でもない。
 ただの醒めた二国間関係、ただの隣国でいいのです。もはや、そう感じている日本人は少なくないでしょうね。