米・日とは摩擦ばかりの「国内支持層向け」文在寅外交(朝鮮日報)
 米国務省は29日、「開城工業団地の閉鎖決定を支持する」と明らかにした。韓国統一部(省に相当)政策革新委員会が開城工団の稼働中止を「朴槿恵(パク・クネ)政権の超法規的措置」と批判した翌日のことだ。日本では「安倍晋三首相は平昌冬季五輪出席を保留し、在韓日本大使の帰国措置も検討する」という報道が出た。慰安婦合意をめぐる韓国の検証結果発表に対抗した措置だと見られる。レックス・ティラーソン米国務長官は同日、韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官との電話会談で「韓米日の協力は重要だ」と強調した。相次ぐ米国・日本との足並みの乱れに懸念を表明したものと受け止められている。

 外交関係者の間では、「韓米・韓日関係が悪化し、韓国の外交的立場が狭まるのでは」という見方が出ている。「文在寅(ムン・ジェイン)政権が韓国国内の支持層ばかり見て、外交・安保政策を覆したためだ」という指摘も少なくない。敏感な外交・安保事案を『積弊(過去の政権による長年の弊害)清算』の1つとして取り上げたものの、収拾がつかなくなっている、ということだ。 (中略)

 与党関係者は先日、私的な場で、「外交・安保政策も『ろうそく(デモで示された)民心』に従うべきで、例外はない」と言った。「支持層の意見」が外交・安保でも最も大きな考慮要素だということだ。このところ外交部や統一部などが保守政権(前政権・前々政権)時の外交・安保政策に対して「自己批判」的な調査結果を発表しているのにも、こうした理由があるものと見られる。

 問題は、前政権批判で支持層には称賛されても、米国・日本との摩擦が増えていることだ。統一部政策革新委員会が「朴槿恵政権の間違った政策」と批判した開城工団稼働中止措置について、米国務省は「(開城工団中止は)北朝鮮の徐々に増している脅威や安保理決議無視によるものだ」と述べた。北朝鮮に原因があると言っているのだ。「開城工団再稼働を準備すべきだ」という同委員会の提案にも、米国務省は「すべての国は、北朝鮮の経済的孤立を深めるための行動を取らなければならない」と遠回しに懸念を表明した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェイン政権の外交方針がここにありますね。

 「外交・安保も『ろうそく民心』に従うべきで例外はない(キリッ 」

 外交方針というか、政策全般というべきかもしれませんが。
 ろうそく民心に従う、つまり大統領選挙の公約でもある「積弊清算」をなによりも優先するということなのでしょう。
 すなわち、パク・クネ、およびイ・ミョンバク政権を否定することが第一義。
 先日、UAEとのもめ事はどうやら派兵についてらしいというエントリを書いた際に、すべての省庁で「積弊清算委員会」やそれに類するものができていて、過去9年半の「積弊」をあげつらっているという話を書きましたが。
 なにより優先するものが積弊清算。
 その次が所得主導成長の実現。ま、実現するわけがないのですが。

 ムン・ジェインの「慰安婦合意は問題を解決してない」という大統領談話も、この「ろうそく民心」とやらに従った国内事情によるものだという解説をしましたね。
 ま、それはそれで正しい解説というか理解なのですが。
 そんな国内事情を持ち出されても、外交相手である日本やUAEにとっては関係のないことなのですよね。この「相手がいる」という視点が大事。

 外交相手にしたらそんな国内事情で約束を違えたり、非公開を前提としたやりとりを公開されたりするなってだけで、そんな国とはなんの約束もできないし、契約も不可能になるってだけなのですが。
 後日になって「支持率に影響するからあの約束なし」なんてことをやってくる相手とは、最初から交渉する時間の無駄というだけ。
 「国民が納得しない」って言われても、「納得させるのはそちらの仕事」(by河野太郎)で終了なのですよ。

 本当に経済も社会も外交もなにも分かっていない素人集団なんだよなぁ……。
 だからこそ日本は全力で(裏から)ムン・ジェイン政権を支える必要があると思いますけどね。弾劾とかされないように。

ど素人でも稼げるネット副業の本
翔泳社
2014/1/17