ソウル市長「韓日慰安婦合意は惨事…再交渉は不可避」(中央日報)
<慰安婦TF発表>韓国外交部長官「合意破棄含めすべて可能」(中央日報)
<慰安婦TF発表>慰安婦被害者、合意当時韓国外交部長官を相手に偽証罪で告訴検討(中央日報)
朴市長は2日、韓国ニュース専門チャンネルYTNの番組に出演し、韓日慰安婦合意の裏合意が明らかになったことについて「惨事としか言いようがない。協約をするうえで裏合意をするというのは堂々たるものではないということであり、国民にも説得力がない合意の内容を入れたということだ」と述べた。続いて「実際に内容を見ると、政府が大韓民国を代弁しているのか日本を代弁しているのか分からないほどの内容が入っている」と批判した。

韓日間の再交渉問題については「私は避けられないと考える。もちろん、すでに政府間で合意したものであり容易ではないが、国民の意思を代弁していないものをどうやって認めるのか。したがって時間がかかっても問題を提起するべきだと考える」と述べた。
(引用ここまで)
4日午前、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は、韓国の放送局CBSのニュース番組に出演し、「慰安婦合意を破棄しようと思ったらできるか」との質問に「すべてのことが可能だ」としながら「しかし、その結果については十分に考えなければならない」と述べた。続いて「日本は粘り強く立場を守っている」とし「日本とこの問題をどのように解決していくべきか非常に悩んでいる」と述べた。

また、康長官は慰安婦合意の問題点について「当事者である被害者、またその方々を支援してきた団体との疎通が足りなかったことが最も大きな欠陥だった」と指摘した。
(引用ここまで)
4日、JTBCの報道によれば、慰安婦被害者が集まって暮らしている「ナヌムの家」は慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんらが12月27日の外交部TFによる韓日慰安婦合意検証結果の発表を受け、尹炳世前長官を偽証罪で検察に告訴するという意向を明らかにしたと伝えた。

ナヌムの家のアン・シングォン所長は「被害者らが前から合意が間違っていると指摘したが、検討してみると『本当にそうだった』と考えられたようだ」とし「尹炳世前長官は偽証罪が成立すると見られる。朴槿恵(パク・クネ)前大統領と李丙ギ(イ・ビョンギ)前秘書室長はさらに検討しなければならない」と話した。

2016年1月、尹炳世前長官は国会に出席して韓日慰安婦合意に裏面合意があったかとの質問に「私が知っている限りない」と答えたことがある。
(引用ここまで)

 「慰安婦合意では慰安婦問題は解決していない(だけども対日外交はツートラックで行う)」という主旨の大統領談話に続いて、カン・ギョンファ外交部長官も「破棄を含めてすべてのオプションが行使可能」とメディアに対して言明。
 次期大統領を狙っているパク・ウォンスンも同様に「再交渉せよ」との発言。
 そして、ナヌムの家に住む元慰安婦ががユン・ビョンセを偽証罪で告発しようとしていると。

 最後のユン・ビョンセ前外交部長官を告発というニュースは「慰安婦合意検証は政権を保たせるための国内事情で行われている」という部分を補強している感じではありますかね。
 ですが、政治家として大物は明白に慰安婦合意をどうにかしようと考えているのは間違いないところ。
 偽証罪で逮捕拘束されるとしたら例の「韓国文化界の王子」のようになるんでしょうかね。

 カン・ギョンファが「すべてのオプションを取り得る」って言っているのも、「ろうそく民心」である韓国人に向けてのニュースではあります。
 そもそも大統領選挙中から韓国メディアでは「なんのペナルティもなく、破棄することはできる……そのあとのことをなにも考えないのであれば」というような論調で語られていました。
 選挙活動中(だけ)にムン・ジェイン陣営に加わっていたホサカ・ユウジ教授も同じようなことを言っていました

 パク・ウォンスンは次期大統領を狙って、共に民主党での予備選不出馬を表明していましたね。ムン・ジェインと争わない姿勢を見せることで政権の禅譲を狙っているなんて部分もあるのかもしれません。
 ろうそくデモをノーベル平和賞に推薦するとか言っていたことや、光化門広場の不法占拠を取り締まらないというように「ろうそくデモの守護者」というような立場になって、国民からの支持を受けて次期大統領に……という目論見でしょう。

 ま、どれも韓国国内における事情を反映したもので、日本政府としては取り上げる必要もないことではありますけどね。
 ユン・ビョンセの逮捕拘束は見たいという気がしないでもないですが。

僕は髪の毛が少ない (コミックエッセイ)
新井 キヒロ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2013/3/22