文大統領「韓日合意は重大な欠陥」…安倍首相「合意1ミリも動かない」(東亞日報)
[社説]日本は「慰安婦」被害者の名誉回復の意義に立ち返れ(ハンギョレ)
【社説】慰安婦合意、その重みと結果も考えた上で対応を(中央日報)
【コラム】「見て見ぬふり」も外交だ(朝鮮日報)
慰安婦問題は韓国としては敏感な傷だ。それでも韓日関係の未来のために合意したなら、申し訳ないと思わなければならない。合意直後も、韓国が日本大使館前の少女像を移転しろと一方的に主張し、合意に対する韓国国民の反感を招いたのは日本政府だった。その後も心からの謝罪どころか慰安婦の存在そのものを否定し、「10億円の合意金ですべて終わった話」と一貫した。そうしておいて、合意破棄や再交渉を宣言したわけでもないのに、詰め寄って韓日関係云々するのは大きな過ちだ。(中略)

韓国政府のこのような事情を分からないはずのない日本政府は、必要なら再び韓国側と膝を突き合わせて合意を補完する方向を検討すべきだった。平昌五輪の不参加まで云々し傲慢な態度に出ることは、韓国国民の傷に塩を塗りつける行為だ。日本が韓日関係がどうなってもいいという態度に出るなら、韓国が執着する必要はない。
(引用ここまで)
 韓日両政府は合意をなぜ成そうとしたのかその根本的な理由に立ち返るべきである。長い年月が経ったのでもう「未来」だけ見て適当にふたをして過ぎ去らせようとしたのではなかろうか。2015年の合意案に「被害者の名誉や尊厳の視点」が入っていると果たして言えるだろうか。当時の主な内容を「非公開」にしたのは誰のためだったのか。結局は政権に負担になる内容を隠そうとしたのではないか。このような問いに当時合意をした両国政府の当局は明確に答えねばならない責任がある。それでも「とにかく合意をしたのだから守りなさい」と主張するのは「慰安婦被害者の名誉」はもちろん、国際社会での日本の地位向上にも全く役に立たないだろう。 (中略)

日本政府は両国が合意になぜ乗り出したかを今からでも振り返り、いかにすることが韓国と日本の未来指向的関係に役立つのか、深く考えるべきである。
(引用ここまで)
慰安婦問題は韓日間中心的な懸案の一つであることは間違いない。だが、未来志向的な両国関係の改善も重要だ。政府は慰安婦問題と違う懸案と分けて扱われることを望んでいるが、それは我々の希望事項であるだけだ。慰安婦合意をめぐる論争で感情的に悪化した日本が他の懸案だから協調するだろうと期待するのは無理だ。 (中略)

政府が慰安婦合意を廃棄、あるいは再交渉に出るといえば、韓日関係は限りないどん底に落ちることが明らかだ。慰安婦合意がたとえ法的拘束力を備えた協定や条約ではないといっても、二国間約束であることは間違いない。文大統領も直接被害者たちに「合意が誤ったが(日本政府と)公式に合意したのも事実なので容易ではない」と吐露した。今後、政府の対応は国内情緒に左右されるより、両国政府レベルで結んだ外交交渉の重みも考えなければならない。
(引用ここまで)
 先日文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2015年の韓日慰安婦合意を白紙化する考えを示した。「手続き的にも内容的にも重大な問題があった」というのがその理由だ。これに日本は反発している。このように自分が正しいと考えることを貫徹することが外交だろうか。

 朝鮮通信使が途絶えてから64年後、日本からやって来たのは軍艦の雲揚だった。その結果、朝鮮は滅びその苦痛は国の権力者ではなく民衆が味わった。ヨーロッパには「地獄への道は善意で舗装されている」ということわざがある。
(引用ここまで)

 ま、揺るがない極左紙ハンギョレは置いといて。
 中道の中央日報は「慰安婦合意を覆すというのなら、それによって生じる関係悪化も考慮しろ」とやや遠慮気味に諫言。
 保守派の東亞日報はなぜか「日本が韓日関係がどうなってもいいという態度に出るなら、韓国が執着する必要はない」と激オコ。
 朝鮮日報のは社説ではなくコラムなので一段落ちますが、「朝鮮通信使を派遣する際には両国の主張をそれなりに建前で吸収した。ぶつかるだけが外交ではない」というような話。

 東亞日報の社説は実際のところ、まさか日韓関係がどうでもいいとなんて思ってないよね。そんな風に振る舞っていると誤解されちゃうよ、みたいは話なのですが。
 古いタイプのツンデレといってもいい。

 だけども、日韓関係をどうでもいいレベルに毀損してきたのは韓国政府そのものなんだよなぁ……。
 慰安婦合意以前の日本はそれなりに韓国に気を遣ってきたのですが、それをことごとく覆し、日本との対立構造を望んできたのは韓国側。
 ノ・ムヒョンは「仮想敵国を日本にしろ」とアメリカに言うレベル。
 イ・ミョンバクは竹島上陸と天皇謝罪要求で日本に対して悪意があることを喧伝してくれました。
 パク・クネはアメリカの圧力もあって最後の最後には慰安婦合意を受け容れざるを得なくなりましたが、それまでは「歴史問題を日本が認識し、解決するまでは首脳会談は行わない」と頑なでした。ま、それで日本になにか損があったわけでもないのですが。
 対立構造を15年も続けてきたのだったら、そりゃ日本だって嫌気が差しますわ。

 最後通牒として「これを守れるなら今後の付き合いもちゃんと考える」といって、アメリカを仲介人として出したのが慰安婦合意。
 それを守らなかったので、釜山の慰安婦像設置に対して対抗措置を執ったわけです。
 10日の新年大統領談話でムン・ジェインがなにを言うのか、どのような後続措置を執るのかはまだ不明ですが、慰安婦合意を蔑ろにするのであれば日本政府はなんらかの対抗措置を執らなければならないでしょうね。

韓国は、いつから卑しい国になったのか (祥伝社新書)
豊田有恒
祥伝社
2017/4/10