【コラム】今こそ日本をテコに中国リスクを克服しよう(朝鮮日報)
 2014年に韓中の自由貿易協定(FTA)締結交渉関連の取材で会った日本の専門家は異口同音に「韓国は中国を甘く見過ぎだ」と話し、「韓中日FTAを結ぶべきだ」と主張した。日本をてことして使い、中国との交渉力を高める「ジャパン・レバレッジ戦略」を駆使すべきだとの助言だった。当時記者は韓国が中国市場を先取りすることを懸念する日本の偏狭な愛国心の発露だと決め付けた。しかし、日本が予想した通り、韓国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる中国の報復になすすべもなくやられ、韓中FTAは使い物にならなくなった。

 中国の正体を実感する機会は多かったが、韓国は見て見ぬふりを決め込んだ。中国は12年、尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争と関連し、レアアースの輸出を中断。不買運動、輸出入時の通関遅延などで日本に報復を加えた。日本企業の工場に対する放火や略奪も起きたが、韓国は対岸の火事だと眺めていた。中国がベトナム、フィリピンへの観光中断など報復措置を下した際も韓国政府は声明すら出さなかった。 (中略)

 韓国が手を結ぶことができる中堅国は日本だ。民主主義と市場経済という価値を共有し、輸出主導型の市場経済という経済モデルも似ている。両国の協力は中国だけでなく、米国に対する発言権の強化にもつながる。日本にとっても切実だ。米日同盟が日本の安全保障の根幹だが、中国の軍事大国化が加速する中、米国の衰退と孤立主義で安全保障上の不安が高まっている。

 日本の憲法改正と再武装論は、新中華主義勢力の膨張と「ポスト・パックス・アメリカーナ」に対する不安が根底にある。安倍首相の安全保障構想はオーストラリア、ベトナム、インドなどとの協力を強化する「インド・太平洋戦略」だが、これも一種の中堅国連合だ。しかし、世界7位(2015年、グローバルファイアパワー調べ)の軍事大国、世界10位の貿易国家である韓国を排除すれば、その実効性は低下する。

 韓国と日本は米トランプ政権による通商圧力のターゲットになっている。米国は扱いにくい中国の代わりに韓日を通商圧力の手本にする可能性が高い。米国は自動車と農業の分野で圧力を強め、韓国にFTAの再交渉を求めている。米国の脱退により、日本が主導することになった環太平洋経済連携協定(TPP)も韓国が加われば、米国の一方主義をけん制し、韓日経済にチャンスをもたらす。

 歴史問題で反目してばかりでは、韓日両国にとってプラスにはならない。「真珠湾の屈辱を忘れるな」という米国と原爆被害国の日本は不倶戴天の敵ではなく、国益のために手を結ぶ同盟国だ。国益のために敵と手を結び、プライドを捨てるのが国際政治の本質だ。日本は歴史問題に対する反省に消極的なことが韓国の世論を「反日」「親中」に傾かせていることを反省すべきだ。世界3位の経済力と強大な海軍を持つ日本との協力が韓国の経済と安全保障にとって損害になるはずはない。歴史を忘れてはならない。しかし、歴史問題に足を引っ張られれば、未来には進めない。韓日両国の指導者は「ソロモンの知恵」を探るべきだ。
(引用ここまで)

 これが韓国政府のいうところの「ツートラック外交」の基本路線なのでしょうね。
 中国に対抗する勢力として日米韓というのは地政学的にもほぼ100点だったことから、アメリカは日本に対して韓国との関係改善を求めてきました。それが結実したのが慰安婦合意だったわけですよ。
 ついでにパク・クネ政権にTHAADミサイルの導入もさせて、あの前後の数ヶ月はアメリカがだいぶ盛り返したように見えたものでした。
 でも、その前提を韓国人は自らひっくり返して釜山に慰安婦像を建て、政権が変わって「合意では解決していない」と大統領談話を述べて、かつ中国に対して三不の誓いを立てて、主権を差し出してしまっている。
 これが「バランス外交」の結果だったわけで、そんなものがもう通用していないのは分かりきったことでしょう。
 それでも「反日は日本の責任、反省しろ!」とか言い出しながら、日本の構想にいっちょ乗りしようとしているっていう。もうね……。

 ところで、これまで楽韓Webで書いてきたことがほぼすべて網羅されてて面白い記事であるともいえますね。

  • 韓国に対して日本人が助言すると悪意をもって受け止められる。→「当時記者は韓国が中国市場を先取りすることを懸念する日本の偏狭な愛国心の発露だと決め付けた」
  • 韓国は自分の地位を過大に評価している→「(ダイヤモンド同盟構想は)世界7位(2015年、グローバルファイアパワー調べ)の軍事大国、世界10位の貿易国家である韓国を排除すれば、その実効性は低下する」
  • 韓国は日本の地位を過小に評価している→「韓国が手を結ぶことができる中堅国は日本だ」
  • 日韓関係が悪いのは日本の責任と韓国は考えている→「日本は歴史問題に対する反省に消極的なことが韓国の世論を「反日」「親中」に傾かせていることを反省すべきだ」
  • 常においしい思いしかしたくない→「日本が主導することになった環太平洋経済連携協定(TPP)も韓国が加われば、米国の一方主義をけん制し、韓日経済にチャンスをもたらす」 

 ダイヤモンド同盟構想はアメリカ、日本にオーストラリア、インドという旧英連邦を加えることで地政学的に中国に圧力を加え、かつ英連邦所属国が加わることでEUを脱したイギリスが加わりやすい土壌を作るというという部分もあるのですが……。
 これに中国との二股外交をしている韓国が加わってどうなるのかっていう。そもそも中国以外でダイヤモンド同盟構想に異を唱えている世界唯一の国がおまえだろって話。

 TPP11にも日本が汗をかいて11カ国をまとめたところに、ひょいっと入ってくるつもりで苦笑。
 っていうか、TPPはダイヤモンド同盟構想と同様に中国封じこめ対策の一環。
 ダイヤモンド同盟構想にイギリスが準加盟のような形で加わり、かつ噂されているようにTPPにも加入するのであれば対中国の輪として面白い一手。
 ですが、三不の誓いを立てて主権を放棄した韓国には入ることはできない代物ですよ。
 それ以前にTPP加入国には為替操作が禁じられることから、為替操作を行い続けている韓国にとってTPP加入は致命傷になりかねません。
 やめておいたほうがいいと思いますけどね。

 日本をダシにして中国に対抗しようなんてことは李氏朝鮮時代にさんざっぱら失敗してきたことなのです。けっきょく、日本は李氏朝鮮なんていう貧乏国家を併合せざるを得なくなってしまった。
 今回は同じ轍を踏むわけにはいかないのですよ。

日本・インドの戦略包囲網で憤死する中国
石平 / ペマ・ギャルポ
徳間書店
2016/6/30