韓国政府、「慰安婦合意」再交渉・破棄しない(中央日報)
韓国政府が2015年の韓日慰安婦合意を破棄しない方向で調整している。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がこうした内容を9日に発表する。

外交消息筋は8日、「合意の瑕疵は大きいが、破棄を宣言したり日本側に再交渉を要求したりすることはないと把握している」とし「我々ができる措置、日本に要求できる措置などに分け、瑕疵を最大限に補完するための案を用意することになるだろう」と伝えた。

康長官直属の慰安婦合意検討タスクフォース(TF、作業部会)は昨年12月27日、朴槿恵(パク・クネ)政権が被害者の意見を反映せず一方的に日本と合意を妥結したと発表した。翌日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「この合意で慰安婦問題が解決しないという点を改めて明確にする」と述べ、事実上、破棄の可能性を示唆した。

康長官はTFの発表後、被害者らに会って意見を聞いた。これまで合意の破棄を要求してきた被害者支援施設の居住者などだ。しかし結果的に政府が破棄または再交渉を決定する場合、回復が難しいほど韓日関係が悪化する点などを考慮したという。

慰安婦合意の結果として設立された和解・癒やし財団は活動を暫定中断する可能性が高い。 (中略)

政府が最も悩んでいるのは10億円の処理問題だ。約40%はすでに支給された。被害者支援団体は10億円を日本に返還することを要求してきた。

政府レベルで返還から残額保管、慰安婦被害を記憶できる事業に使う案までさまざまな意見が出ているが、どちら側でもない第3の方法を選択するという。すでに支払われた金額を政府の予算で満たして10億円にした後、適切な機関に預託する案などが議論される。

このようにすれば、被害者は日本でなく韓国政府の予算で支援金を受けたことになる。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者は「お金を返すことは合意の破棄を意味するが、それはない」と述べた。

ただ、韓国政府は12・28合意で慰安婦問題が解決されていないという立場は維持するという。
(引用ここまで)

 韓国メディアでも「韓国政府が慰安婦合意をどう扱うのか」についてだいぶ意見が分かれている模様。
 外交部でのソースが違うのか、それともただのJTBCのトバシだったか。
 まあ、もうちょっとすれば分かることではありますけども。

 ムン・ジェインには日韓関係を吹き飛ばすことができるほどの度胸はないのではないかと思うのですよ。
 これまでの施策でもなんともいえない小物臭がしていたのですが、今回の慰安婦合意に対する右往左往でピントがあってきたとでもいうべきか。
 中国に対する三不の誓いを見ても分かるように、THAAD問題でも突っぱねることはできずに相手の言い分を丸呑みしている。
 あれが対中国だからこそそうなったのだ、というように考えるのか。
 あるいはムン・ジェインの個人的な資質としてそうなったのか、と考えるのか。
 どうも後者じゃないのかなぁ……というように感じられるようになってきているのです。
 「愛嬌のないノ・ムヒョン」と言ってきましたが、度胸もない模様。

 いいとこ、小手先で韓国人を納得させるような言葉を明日の新年演説で述べて、終わりじゃないのかという気がします。
 ただまあ、それで慰安婦合意の内容が実施されているわけでもないので、日本側としては「日韓合意の履行が必要である」ということは言い続ける必要があるでしょうけどね。
 しかも非公開の部分までが公開されてしまっているので、さらに韓国政府に挺対協の説得や追悼碑施設などへの支援ができないといった責務が存在してしまっている。

 慰安婦合意を破棄せずに現状をペンディングしたところで日韓関係が悪くはならないにしても、1ミリも改善しないと思うのですが……小心者にとってはこのあたりが限界でしょうかね。