日韓合意の韓国新方針 河野太郎外相「全く受け入れられない」と抗議へ(産経新聞)
 河野太郎外相は9日、慰安婦問題の最終解決を確認した日韓合意について韓国政府が新たな方針を示したことについて「全く受け入れられない。直ちに抗議する」と述べた。外務省で記者団に語った。
(引用ここまで)

 どうも韓国側の雰囲気というか空気としては「これで日本とのツートラック外交の準備は整った」というような感じになっているのですが。
 つまるところ「日本に対して慰安婦合意を破棄せず、かつ再交渉もしないということを表明したことで一定の配慮を行った」ということっぽいのですよ。
 これで晴れて日韓関係にはわだかまりがなくなり、ツートラック外交が開始される、というようなところのようです。あくまでも向こう側の気分としては。

 もちろん、そんなものは韓国側の国内事情であって日本側が取りあう必要はないのです。
 カン・ギョンファ外交部長官の立場表明は延々と言い訳を並べ続けていたもので、かつムン・ジェインはその影に隠れるようにしているのですが、河野外相によるコメントはシンプルで心強いですね。

 ちなみにコメント部隊は今回の後続措置とやらを絶賛していますが、挺対協等はすでに騒ぎはじめています。「10億円を政府予算にするのはよいが、日本の自発的な謝罪を求めるなんてことは受け容れられない」とのこと。
 このあとのエントリでそのあたりもちらっと書きましょうか。