「韓国より日本の方が安いもの」には何がある?=韓国ネットで議論(レコードチャイナ)
2018年1月12日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本では安くて韓国では高いものには何がある?」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーがさまざまな反応をみせている。

スレッド主の見解によると、最近は「韓国にないものはない」と感じられるという。かつてのような輸入バブルもなく、日本と比較した時の値段の差もなくなったとしている。ただし、一部Apple社の製品などはかなり差があるとのこと。

これに対し、ネットユーザーからは「洋酒」「食料品」など食料品をはじめ、ファストファッションの「ユニクロ」、「ゴルフクラブ」や「ロレックス(の時計)」といった高級品などが挙がり、意見も多岐にわたっている。
(引用ここまで)

 んー、「日本のほうがもはや安い」というのは、うちの感じた印象とは異なりますかね。
 同一のジャンルを比べると日本のほうが安いこともある。とことんまで安いものを探すと韓国のほうが安くあがる(ただし品質も値段なり)。
 ただ、記事中にある「韓国にないものはない」というのは違うかなー。
 日本にあって韓国にないのは多様性だと思うのですよ。

 いまどき、都市部なら近所のスーパーでもオリーブオイルって何種類もあるのが普通ですし、ちょっとお高めのスーパーならひとつの棚がまるまるオリーブオイルなんてことも普通にあります。
 パスタならカッペリーニからブカティーニまで。……さすがにブカティーニまではそうそうないか。前にブカティーニでローマ風アマトリチャーナ作ろうと思った時に近所にはなくてイタリア食材のお店に行ったわ。
 まあ、ロングパスタは10種類あってもおかしくないし、ショートパスタも数種類あるのが当然。

 韓国のスーパーマーケットってそうではないのですよね。
 オリーブオイルもあることはある。1種類だけ。パスタもスパゲッティとフィットチーネくらい。まああって2種類か3種類。ショートパスタはマカロニだけ。
 特に輸入食材は弱い気がしますね。

 つまり、「高い安い」を比べる以前の状況にあることが多い。
 何件か街中のスーパーマーケットを巡って見てきての結論なので現状では間違いないとは思います。
 ただ、江南だけだったらまた事情が違ったりするかもしれませんね。

 パンなんかでもメゾンカイザーやPAULとかのお高めのチェーン店パン屋とかなくて、全部パリバケット。2000店を超える展開してる。
 たとえば山崎パンのように安くておいしいパンとかは見当たらなかったな。

 逆に日本並みの種類があって驚いたのはインスタントラーメンでしたが。さすがに世界でもっともインスタントラーメンを消費する国民であるよな……と思ったものでした。
 種類があるというか、多くのメーカーから色々出てるだけで中身そんなに変わらなくない気もするのですが。
 ま、日本人が食に貪欲だというだけなのかもしれませんけどね。