慰安婦合意:東京での民団行事で韓日議員が舌戦(朝鮮日報)
 「国と国との約束(韓日慰安婦合意)は誠実に履行するのが常識だ」(額賀福志郎・衆議院議員)

 「日本も『めぐみさん拉致事件』で苦しみを味わったではないか。被害者の意見を十分に聞くべき」(宋永吉〈ソン・ヨンギル〉共に民主党議員) (中略)

 行事の出席者らによると、慰安婦問題に先に言及したのは額賀議員だった。同議員はあいさつで慰安婦問題に言及し「今回の慰安婦合意問題には当惑している」と述べた。その上で「当初は韓国が合意を認めて履行するものと考えていたが、最近の報道を見ると理解できない」などと語った。さらに額賀議員は「外交では双方の国が互いの国益を考慮すべき」と強調したという。韓国政府の発表は事実上の合意破棄または再交渉要求ではないか、という日本の世論を意識した発言であるとともに、公の場での不満表明でもある。

 これに対し、宋議員は「被害者の意見に十分に耳を傾けなければ、弁護士も解任される」という論理を持ち出して反論したという。宋議員は「慰安婦合意は被害者の立場が十分に反映されていない」として見直しを主張した。宋議員はさらに「北朝鮮による拉致被害を経験した日本の苦しみにわれわれが共感するように、日本もわれわれのことを理解してほしい」とした上で「平昌五輪にも安倍首相が来るのがよいと思う」と述べた。
(引用ここまで)

 日韓議員連盟は多くの場合で「シャンシャン総会」をすることが多いのです。前回も慰安婦合意の履行に言及せずに「こいつらなにやってんだ」みたいな総会でした。

 さすがに今回ばかりは言及しないと有権者から見放されるという空気になっているのでしょう。

 さて、韓国人の出す例え話は、なにも例えていないことが多いのですが。
 この慰安婦合意に対して「被害者の意見に充分に耳を傾けなければ弁護士も解任される」はホントに意味不明。
 被害者はまあ慰安婦だとして。
 弁護士は誰よ。で、解任はなにを意味してんの。
 そもそも裁判官もいないし、検事もいないだろ、この場合。

 被害者の意見を聞かなかったのは韓国の事情であって、日本側にそんな事情を持ちこまれても困るのです。
 こっちにはまったく関係ないことだし。
 ただ、そこまで意味のない例え話をしないと反論できないところにまで、韓国側が追い詰められているというのも実際なのでしょうね。

 合意を履行しないのであれば、日韓関係は進まないということを身にしみて理解しつつある。
 前回の12月の総会、そして今回の民団新年会出席と日本の雰囲気を味わっているのであれば、自分たちがどういう状況に置かれているかは理解せざるを得ないといったところなのでしょう。
 とはいえ、ムン・ジェインに影響力を持つような議員でもないので、なにもできずに終わりでしょうけどね。
 ホントに新しい時代に入っていることを実感しますわ……。