安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」(産経新聞)
安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」(産経新聞)
 安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。(中略)

 首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。

 その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。(中略)

 日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。首相も一時出席見送りに傾いたが、北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。首相は「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。
(引用ここまで)
「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」

 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。

 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。
(引用ここまで)

 うーん、首相としての決断であればそれを見守るしかないわけですが。
 すでに北朝鮮主催とも思えるような様相を呈している平昌冬季オリンピックの開幕式に出席することで得られるものと、失うリスク。……なんともいえないなぁ。
 ソチでは西側首脳としてはほぼ唯一といっていい出席者となりましたが、それで得られたものはほとんどない。まあ、この時は失ったものもなにもありませんでしたけども。 

 ただまあ、「慰安婦合意を終わらせない」という話をしに行くというのであれば、それはありかなと。
 楽韓Webでも何度か語っているように韓国側は「あれで慰安婦合意については終了。日韓関係は正常化したので、日本はツートラック外交を当然受け入れるべき」というような空気になっています。
 まるで「韓国人の大半の要望である再交渉、破棄というオプションをとらなかったのだから感謝しろ」といわんばかりに。

 そうはいかないと釘を刺しに行くというのであれば、それはそれでありかな……とも思います。
 支持層から見てもけっこうなリスクのある行動ですが、リスクテイカーこそが勝利を得ることができるというのも事実でしょう。
 とりあえず評価は首脳会談の結果を見据えてから……ですかね。

 ただ「少し大きめで厚い毛布」のシベリア開幕式自体がかなりのリスクではないかと思います。VIP席ってどうなってんだろ。

リスクを取らないリスク
堀古英司
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2014/9/16