内閣支持上昇55% 本社世論調査、「脱時間給」は拮抗(日経新聞)
Q1.あなたは安倍内閣を支持しますか、しませんか。

支持する 55(50)
支持しない 37(40)
いえない・わからない 8(10)
(中略)

Q8.安倍首相は2月に韓国での平昌オリンピックの開会式に出席します。あなたは、開会式に安倍首相が出席すべきだと思いますか、思いませんか。

出席すべきだ 55
出席すべきではない 33
どちらともいえない 6
いえない・わからない 5
(引用ここまで)

 単位パーセント。括弧内は前回調査(12月中旬)の内閣支持率の数字。

 今回の調査は26-28日に行われたもの。
 安倍総理が産経新聞のインタビューで訪韓の意向を発言したのが24日
 つまり、訪韓するということが充分に報道されたあとに行われた最初の世論調査。「直後に行われた」というほうが正確かな。

 12月中旬の前回と比べて、内閣支持率は5%上昇。

 平昌オリンピックの開会式に出席する、という前提で尋ねた「出席すべきと思うか、思わないか」という設問では──

 ・出席すべき 55%
 ・出席すべきでない 33%

 ──という結果。

 もちろん、訪韓してからどのような対応をするのかといった部分で評価は変わってくることでしょう。
 甘ったるい「未来志向の日韓関係が云々」みたいな話だけであれば、現在の「韓国への信頼度」や「慰安婦合意への新措置」に対する世論調査を見ても反感を得る可能性が多分にあります。

 でもまあ、総論として国民が安倍総理の訪韓を好意的に見ているというのは間違いないところでしょう。
 楽韓Webによる訪韓で支持率は上昇するとした予測が間違っていなかったことも確認できたと思います。1月から2月への上げ幅は今回の日経の世論調査よりは少なくなるでしょうが。
 まだまだ国民が総じてオリンピックに幻想を抱いているという言いかたもできるとは思いますけどね。

100年予測
ジョージ フリードマン
早川書房
2014/6/15