日本は今、再び韓流ブーム(朝鮮日報)
 今月13日午後、新大久保(東京都新宿区大久保・百人町一帯)のコリアタウン。韓国語の看板を掲げた飲食店や化粧品店、カフェが日本人客で混み合っていた。韓国料理店の前に並んでいた女子高生イシダカナコさん(18)は、最近の薄氷を踏むような韓国と日本の外交関係について質問されると、「それはそれ、韓流は韓流。(慰安婦合意破棄問題に関することは)大人たちの話。私とはあまり関係のないこと」と答えた。

 2012年以降の韓日関係悪化に触発された日本国内の反韓ムードで「没落の危機」に陥っていた東京のコリアタウンが復活しつつある。新大久保の韓国商店数は15年に330店まで減ったが、今年1月には440店と再び増えていた。近くの不動産関係者は「韓流ファンが再び集まり、1階で1坪3万円まで下がっていた賃貸料が5万円に跳ね上がった」と話す。 (中略)

12年に4万1017人だった一日の訪問者数が13年には3万7996人へと減少した。2002年の韓日共催サッカー・ワールドカップ時、両国国民が集まって応援し合い、韓日友好の象徴となった「大使館」などの韓国料理店も次々と閉店した。13年に628店あった新大久保の韓国商店数は15年に約330店まで減少した。

 新大久保が復活したのは、韓日関係にそれほど神経をとがらせない10−20代を中心に「新・韓流世代」が形成されたためだ。読売新聞は先日、「旧世代が日韓関係の悪化などに神経をとがらせて韓流ブームも浮き沈みがあったが、最近の若者層はそのような傾向が薄くなってきている」と報道した。東洋大学の島川崇教授は「文化消費において、外交問題など政治的に流されない新世代が韓流の前面に登場したもの」と分析している。 (中略)

新大久保の商店関係者たちは「日本の少女たちの足を新大久保に向けさせる原動力の1つは、2016年末に流行し始めたチーズタッカルビだ。チーズタッカルビが観光客の20%を集めている」という声まである。チーズタッカルビを初めて売り出した韓国食品店「ソウル市場」の関係者は「午前11時に並んだら、店内に入れるのは2時過ぎになる。冷たい風の中で待ち続ける日本人のお客様に申し訳ない思い」と言った。
(引用ここまで)

 新大久保に客足が戻ってきたっていうのは確かかもしれませんね。
 でも、それは韓国以外のエスニックも大きな役割を持っているのですよ。ネパール、ベトナム、タイといったエスニック料理がかなりの店舗数ある。
 ネパール料理店は特に多いですね。

FullSizeRender

 あとは中国東北料理なんかもけっこうあります。これは朝鮮族がやっている可能性も大きいですが。
 楽韓さんの推している(そして最近は入れないこともある)魯珈もそのひとつといえるでしょうね。

 んで、チーズタッカルビが流行しているというのも実際で。
 ざっくりこんな感じ。

IMG_0662

 どこかしこもチーズタッカルビ。1人前1280円から。
 ただ、ファミレスのデニーズのメニューにも組み込まれているので、ブームの終焉は間もなくでしょうね。
 一点突破で「ブームだ」ってやって、崩壊したマッコリの轍をそのまま踏むことになりそうです。

 復活している、っていうんだったら「13年に628店あった新大久保の韓国商店数は15年に約330店まで減少した」ってところから何店舗に盛り返したのか書けばいいと思うのですけど。
 それをやらないということは、まあそこまでの「復活」なんじゃないですかね。

ブームをつくる 人がみずから動く仕組み (集英社新書)
殿村美樹
集英社
2016/1/20