練習は2時間だけ、馬息嶺スキー場の宣伝に使われた韓国選手団(朝鮮日報)
<平昌五輪>外国人ボランティアメンバーの英文資料にミス…「平昌」が「平壌」に(中央日報)
 北朝鮮の馬息嶺スキー場での南北合同練習に参加した韓国代表団は、1日午前9時30分からアルペンスキーとクロスカントリースキーの合同練習に臨み、午後1時ごろには韓国に向けて出発していたことが分かった。

 この日のスケジュール表を見る限り、韓国の選手たちが馬息嶺スキー場で練習したのはわずか2時間。練習内容も、南北の選手による親善競技が集中的に行われただけだったという。

 初日となった1月31日は、昼食の後、午後3時から4時半まで自由にスキーを滑っただけだった。練習ではなく自由に滑ったのだ。

 結局、国家代表常備軍と青少年代表からなる韓国スキー選手団24人は、わざわざチャーター機を動員して訪朝したものの、わずか2時間の合同練習を行っただけで帰ってきたわけだ。この合同訓練のために用意されたアシアナ航空のチャーター機には南北協力基金から9000万ウォン(約900万円)が投じられたことが分かった。

 韓国のネットユーザーたちも「若い選手たちを使って金正恩(キム・ジョンウン)の業績を宣伝しているようなものではないか」「馬息嶺スキー場を宣伝するために韓国の選手たちをわざわざチャーター機に乗せて連れていくという大騒動を起こしたわけか」「南北和解のショーを若い選手たちに演出させた」など批判的な反応を見せている。 (中略)

 北朝鮮が馬息嶺スキー場の利用に協力的なのは、南北合同訓練が馬息嶺スキー場と元山・葛麻の海岸観光地区を内外に宣伝するチャンスと考えたためとみられている。馬息嶺スキー場は金正恩氏の最大の業績とされている。 (中略)

 しかし、馬息嶺スキー場をめぐっては「強制労働と金正恩氏の偶像化がちりばめられた場所」と否定的に捉える声が少なくない。

 米国も、北朝鮮が南北合同練習を通じて馬息嶺スキー場を宣伝しようとしていることについて、強い拒否感を示していることが分かった。米国で平昌五輪の放映を主管するNBCテレビの看板キャスターが、北朝鮮の招待で馬息嶺スキー場を訪れ、現地リポートを行ったところ、ホワイトハウスは露骨に不快感を示し「地球上で最も全体主義的な国を楽しい冬のリゾート地に見せるという難しいことをNBCがやってのけた」と皮肉交じりに非難した。
(引用ここまで)
1日、韓国メディア「ブリッジ経済」によると、平昌組織委が作成した英文の運転教育マニュアルに「平昌(Pyeongchang)」となるべきところが「平壌(Pyeongyang)」と書かれている部分が確認されたと報じた。 (中略)

資料には「江陵(カンヌン)あるいは平昌(Gangneung or Pyeongchang)」となるところが「江陵あるいは平壌(Gangneung or Pyeongyang)」と誤って記載されている。

平昌組織委関係者は「誤って記述してしまった。修正する」とし「400人ほどの運転担当ボランティアメンバーのために作った資料」と明らかにした。この資料を作成したボランティアメンバーは「英文アルファベット『P』を入力すると自動的に候補が出てくる単語を誤ってそのまま入力した」とし「マニュアルはボランティアメンバーの中で運転教育をする人々だけが受け取った。自分で確認できなかった」と説明したと、同メディアは伝えた。
(引用ここまで)

 北朝鮮でのスキー合同練習についてはまあそんなもんでしょう……くらいのものかな。
 そもそもどんな施設があるのか、どんなことができるのかもまともに分かっていなかった場所で、オリンピックに出場する選手にとってのまともな練習ができるわけないですよね。

 「南北協議に基づく北側の宣伝」のひとつであり、かつ統一に向けてのムン・ジェインによる宣伝というだけの話ですよ。
 そもそも開幕1週間前で選手のコンディションはピークに近いでしょうから、わざわざ飛行機に乗っての移動は迷惑この上ないことだったでしょうけども。

 でもまあ、どうせ韓国のスキー選手はいわゆる「女子アイスホッケーと同様にメダル圏内を望めない」人たち。
 さまざまなメダル予想のサイトでもスキーは望みゼロということになっているので、韓国政府にとってはどうでもいい存在ということなのでしょう。
 これがスケートのショートトラックであればさすがに反対があったのでしょうが、スキーであれば北朝鮮の宣伝に使ってかつ使い捨てでOK。

 下の記事は誤字としてはありがちなパターンですが、今回のオリンピックにとっては象徴的であったのでピックアップ。
 校正というものは大事なのだなー。