中国人に韓国・韓国人に対する好感度を聞いたところ…(中央日報)
中国人の頭の中の韓国は今、どんな姿をしているのだろうか。

調査の結果、韓国に対する中国人の全般的なイメージは大きく悪化していることが明らかになった。2日、韓国の統一研究院が昨年9月に外交部からの依頼で調査・作成した「中国人の韓国に対する認識調査」の報告書によると、韓国に対するイメージはフィリピン・ベトナム・北朝鮮とほとんど差がないことが分かった。また、韓国との関係が過去1年間で悪化したとみている一方、核弾頭と大陸間弾道ミサイル開発で領域内の不安定を引き起こしている北朝鮮との関係改善も難しいと考えていることが明らかになった。

好感をもつ国について、回答者は米国と日本・ロシアの順で高い点数をつけた。昨年、境界隣接地域で衝突があったインドは、韓国・ベトナム・フィリピンよりも高い好感度を示した。北朝鮮は調査対象8カ国のうち最低点をつけた。

韓国に対する好感度は20代層が他の年齢帯に比べてやや高かった。経済的に余裕のある上海・南京の回答者が他の地域に比べて肯定的に認識している。韓国を旅行・訪問、あるいは韓国文化に接したり商品を購入したりした経験が多いほど肯定的な認識を持っていることが分かった。

過去1年間(2016年9月〜2017年8月)で関係が改善したと認識している国は米国が唯一だった。インドとの関係が最も悪化し、核開発で葛藤のある北朝鮮、南シナ海領有権紛争当事国であるフィリピン・ベトナムとの関係も良くないと認識している。

「韓国は、米国と中国のどちらと近いと思うか」という質問には10人中7人が「米国」と答えた。「中国」とした回答は10人に1人ほどだった。どちらも似たような関係だとする認識も17.8%あった。

韓国の国力に対する評価も否定的だった。回答者の57.6%が「弱い」と認識している一方、「強い」とする評価は42.4%にとどまっている。
(引用ここまで)

 ちょっと前に「ジャポニスムで日本に憧れたゴッホの頭の中にあった日本は実際の日本とは違う」「ムン・ジェインの描いている北朝鮮は、ムン・ジェインの頭の中にしかない」というようなことをちらっと書きましたが
 それは別にゴッホやムン・ジェインだけの話ではなく。
 大半の人間にとっての世界認識ってそうだよね、という話でもあるのです。
 「小日本!」だの「日本鬼子」って叫んでいる中国人が騒いでいる日本と、実際の日本は違いますし、韓国人が叫んでいる「戦犯国日本」や「放射脳汚染国」も異なっている。
 もちろん、逆から日本人が思い描いている韓国や中国も実際のそれとは乖離しているでしょう。

 でも、その「○○の頭の中にある××の姿」というものはけっこう大事なポイントで。
 「相手がこちらをどのような姿で把握しているか」ということを認識した上で相対するか否かは大きな違いですよね。
 というわけでいろいろな国の見ている「日本人の姿」を収集してはメモしたりしているのですが。
 今回の記事は「中国人の考える韓国人の姿」。

 去年の9月までで、中韓関係は悪化していると考えている中国人が多い。
 韓国が「アメリカ側」であると考えている中国人がおおよそ70%。
 国力として「韓国は弱い」と考えている中国人が57.6%。「強い」と考えているのは42.4%。

 三不の誓いをカン・ギョンファが韓国国会で唱えたのが11月ですから、それ以降の中国傾倒をどのように評価しているかという面は見えていませんが。
 この記事からすると中国人は、韓国を「アメリカ側の中堅国である」と捉えているいう認識が見えてきますかね。ちょっとあとで調査報告書本体を見てみることとしましょう。
 思ったよりも「アメリカ側である」という認識が多いのが意外ですかね。

 先月末に中国の消費者によるブランドパワー30という調査が発表されていまして。
 そこでも韓国企業がゼロでした。
 けっこう日本企業は自動車で健闘していました。こっちもあとでエントリ書いてみますか。

ただいま50%ポイント還元キャンペーン中です
戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊 (講談社+α新書)
川島博之
講談社
2017/10/19