文大統領「国政で外交の比重がこれだけ高いとは知らなかった」(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、「以前は外交が国政に占める比重がこれだけ高いとは知らなかった。平昌冬季五輪が行われる最近になって外交が本当に重要であることに気付いた」と語った。文大統領は同日、大統領府で新任大使9人に信任状を授与し、「平昌五輪の成功が第一の課題だが、その後も外交的成果を続けてこそ初めて、我々の未来が開かれる」と言った。
(引用ここまで)

 ポンコツだなぁ……。
 災害でも起きようものなら「なにぶんはじめてのことなので……」とか「私は寝てないんだ!」とか言い放ちそう。
 気分がそうであっても言ってはいけないということが政治家にはある。
 泣きたいような状況であっても泣いてはいけないのが政治家。

 それがことある毎にピーピー泣く
 「雇用大統領」を自称したのに、自分の設定した状況になっていないから「雇用を司るのは民間企業だと思ったら大間違いだ」とか閣僚を叱責する(で、後日に閣僚らは新たに組織だけ立ち上げてほっかむり)。

 世界はだんだんと平昌後の北朝鮮核問題、そして平昌後のさらにあとの朝鮮半島情勢を気にしつつありますが。
 いつまで経っても当事者が蚊帳の外という変な自体になるかもしれませんね……というようなことを明日くらいに書く予定。