米ペンス大統領、「外交欠礼」の指摘にもかかわらず北キム・ヨンナム接触被害... 米朝対話に線引き(聯合ニュース・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領が9日、平昌冬季オリンピックに参加するため訪韓した主なトップクラスの人事を招待し開催したレセプションイベントで域内安保協力パートナーに該当する米国と日本が事実上の「外交的欠礼」を犯した。

明確な理由なしに受付会場に遅れて参加したうえ行事途中で席を立つなど、前例を見つけるのは難しい状況が演出されたものである。

北朝鮮が対話のための条件づくりに積極性を見せておらず、対北圧迫基調に全く変わらないという明確なメッセージを送信するとともに、北朝鮮がはっきり非核化の意志を見せていない状況で、南北間の対話の雰囲気が高まっていることの「外交的不満」を表示する次元で高度計算された行動をしたという解釈が出ている。 (中略)

特にペンス副大統領の場合、同日脱北者議論、天安艦記念館訪問日程を通じて、北朝鮮の「暴政」を強く批判したのに続いてレセプション会場での歩みを介して現在の局面で、韓国政府が希望する北米対話の可能性に確かに線を引きたいという意志を見せたという分析が出ている。 (中略)

このような雰囲気は、平昌冬季オリンピックの開会式でも続いた。

参加国の中で最後に、南北選手団が韓半島旗を前面に出して、同時に入場するときムン大統領夫妻と北朝鮮代表団は、席から立ち上がって手を振って選手たちを歓迎した。

選手団入場が終わる頃ムン大統領は後ろに座っていた金常任委員長、金与正北朝鮮労働党中央委第1副部長と嬉しそうに握手した。

これとは逆にペンス副大統領は、特別な反応をしないまま、中央のステージの方を見つめたり、米国代表団関係者と話をするなど、南北の「和気あいあいとした」姿を努めて無視するような態度を見せた。

このため、開会式で見ることができだろうと期待した「北米対話」の雰囲気は少しも読み取ることができなかった。

安倍首相も黙ったまま黙々と自分の席に座ってムン大統領とは対照的だった。

米国と日本がこのように北朝鮮との接触をいくら避けたかったとしても、全世界の人のスポーツの祭典であるオリンピックの開幕を祝うために来た席でこのような行動をしたのは外交的に欠礼というのが大方の反応である。
(引用ここまで)

 昨日も書いたようにペンス副大統領は夕食会をドタキャン
 そしてペンス副大統領、安倍総理共に開会式では南北の統一入場を無視するようにスタンディングオベーションを送らなかった。
 外交欠礼だろうと聯合ニュースは指摘しているのですが。
 そもそもアメリカ側は「ペンス副大統領と北朝鮮の代表が鉢合わせしないよう」韓国当局に依頼していたのに、それを同じテーブルに座らせようとすることが外交欠礼ではないかって話ですけどね。

 南北対話ができている延長線上に米朝対話がある、という韓国側の考えかたは理解できなくもありませんが。
 それにしたってタイミングが悪すぎる。
 北朝鮮側はアメリカに米韓合同軍事演習の中止を要求しています。

 一方でアメリカは平昌冬季オリンピック、パラリンピックが終了したと同時に合同軍事演習を行うと何度も表明しています。

 こんな状況の中で米朝の首脳が一言でもあいさつを交わそうものなら、誤解が拡がることでしょうよ。
 といか、その誤解こそが韓国政府、ムン・ジェインの狙いだったのでしょうが。

 アメリカはその韓国側の外交欠礼に、欠礼で対抗したのでしょう。
 南北統一入場に対して反応を見せなかったというのも同様の話。もうすでに「平昌後」がはじまっているということなのです。

「孫子の兵法」がわかる本―――「駆け引き」「段取り」「競争」……に圧倒的に強くなる!
守屋 洋
三笠書房
2017/7/19