やっぱり韓国はダメ! 日本の鉄道保守・復活契約に安堵の期待「マニラMRT3」(グローバルニュースアジア)
 2018年2月12日、読売新聞(朝刊)が、MRT-3号線の保守・安全運行のために、日本政府が300億円の円借款を行う方針と伝えたことで、利用者から安堵の声が広がっている。

 マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障がほぼ毎日発生している。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 ヨーロッパ系の会社が保守を行っていた期間もあったが、2016年1月8日から韓国の企業連合がメンテナンスをスタートさせ、電車の運行に大きな支障が出る最悪の事態に。価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しが検討されていた。

 MRT-3号線は、ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40〜60→20kmへ)を行い長蛇の列ができ、代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時〜8時、17時〜19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっていた。
(引用ここまで)

 フィリピンでは中国寄りだったアロヨ政権時代に鉄道建設を中国に頼って大失敗したことがあるのですね。
 近年も納入された中国製車両でなんかのトラブルがあったと記憶しています。
 フィリピンではけっこう日本製のLRTや地下鉄があって好評だったのに、韓国企業や中国がやってきてこうしたトラブルが多発しているのです。

 韓国の鉄道輸出で思い出すのは……

・台湾では特急自強號のメンテナンス拒否で出入り禁止(愛称は地雷車種)。
ボストンの2階建て車両がまったく納入されず
ペンシルバニアでも全面運行中断
ウクライナでは高速鉄道が運行中止。
台湾では貨物牽引車を落札して「悪夢の再来か」と台湾人を怯えさせた。

 ……等々、歴戦の勇士なのですね。
 韓国のKTXによる単独入札となりそうだったブラジルの高速鉄道では入札自体をなかったことにされましたっけ。
 ちなみにその後、ボストンでは2013年の4月に運行が開始されたとのこと。

 その後、運行がどうなっているのかは不明ですが、とりあえず走り出すことはできた模様。こんな風にアフターフォローまでしっかりしているのは楽韓Webのよいところ。

 なお、このMRT-3の保守契約は釜山交通公社を中心とした合弁会社Busan Universal Rail, Inc(BURI)によって行われていたのですが、去年の年末にフィリピン政府はあらゆる公共事業からBURIを出入り禁止にすることを発表しています。

 出禁好きか。

 で、年が明けてすぐに日本政府からの借款を行い、三菱と契約したと。
 ま、台湾と同様にフィリピンも高い授業料を支払った、ということですかね。

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)
西部邁
講談社
2017/12/12