「安倍首相が失点」「北核の凍結が先」 韓日議員に温度差(聯合ニュース)
平昌五輪:大統領府が神経戦を異例の公開、尋常でない韓日関係(朝鮮日報)
平昌冬季五輪を機に実質的な南北関係改善への期待が高まる中、ソウル市内のホテルで第2回韓日議会未来対話が行われた。対話では朝鮮半島や北東アジアの平和定着に向けた対北朝鮮戦略を巡り、両国の国会議員らが活発な討論を行った。

 9日に開催された文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相による首脳会談で、安倍首相が韓米合同軍事演習を延期する段階ではないとして五輪後に予定通り実施するよう要求。文大統領は「内政問題」と反発した応酬が両国の議員の間でも再燃した。韓国国会のイム・ビョンシク副報道官によると、与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)議員は「安倍首相が訪問したことには感謝するが、(ホスト国と)異なる発言をし、失点した」と指摘した。
(引用ここまで)
 平昌冬季五輪期間の韓日首脳会談や北朝鮮高位級代表団の訪韓で、韓日関係が尋常でない状況になりつつある。韓国大統領府は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9日の安倍晋三首相との首脳会談で、「韓米合同軍事演習は韓国の主権問題だ」と線引きしたことを、その翌日に公表した。一方、日本政府や日本の各メディアは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が文大統領を平壌に招いたことについて一斉に懸念を示した。 (中略)

 日本国内では、安倍首相の今回の訪韓をめぐって成果が挙げられていないという批判も出ている。

 大統領府は10日、異例ながら韓日首脳会談の内容を公表し、「安倍首相は『韓米合同軍事演習を延期する段階ではなく、予定通り行うことが重要だ」と、文大統領は『韓国の主権の問題であり、内政に関する問題でもある』と答えた」と伝えた。文大統領はまた、「安倍首相がこの問題を直接取り上げるのは困る」と述べたとも言われている。
(引用ここまで)

 違うんだよなぁ……。
 今回の安倍総理の訪韓は、この韓国側の視点から見るのであれば「あえて失点しに行っている」 のです。
 視点を逆転させると「韓国において失点することこそが、外交得点」なのですね。

 「米韓合同軍事演習を行うことが大事だ」とムン・ジェインに迫るということは、内政干渉だなんてことは百も承知の上での発言。
 「内政干渉だ」と言われるレベルで日韓関係を切り捨てるような行為をすることで、日米関係が強固であり、同じ方向を向いていることを示すことができる。

 さらにオリンピック開催を記念した大統領主催の夕食会に遅れて向かう
 主賓に待ちぼうけを食らわせた上で、ペンス副大統領と一緒に入場しても会場には入らずにフォトセッションを優先する始末。
 かつムン・ジェインに「オリンピックがあったからこそ様々な国の首脳がこうして集まることができた」なんて空しい演説をさせる。
 対韓国の心証を大事にするのであれば、こんなこたしませんよ。

 これらの安倍総理の訪韓時の行動が対韓国での外交失点であったとしても、なんの問題もない。そもそも具体的成果を挙げることが目的ではないのですから。
 以前に「訪韓することによって得られる絵が見えない」とちらっと話しましたが、それもそのはずで。
 訪韓によって韓国からなにかを得ようとしていないのだから当然です。
 わざわざ訪韓して、北朝鮮核問題においてアメリカとの共同歩調を韓国に見せること自体が目的であったとするなら、満点がつけられるのではないでしょうかね。

バナナを逆からむいてみたら
アーチャン・ブラーム
主婦の友社
2017/6/14