韓経:韓国政府「長期生存案なければ資金出さない」…米GMに逆攻勢(中央日報)
   ↓
韓国GMの群山工場が閉鎖へ…「稼動率の低下で運営不可能」(中央日報)
韓国政府と米ゼネラルモーターズ(GM)の間で激しい「神経戦」が本格化している。完全資本割れに陥った韓国GMに対する資金支援の可否と方法、構造調整方向などをめぐってだ。韓国政府と産業銀行は「カモにはならない」という雰囲気だ。むやみに資金支援に出ることはできないという話だ。

GMの要求が水面上に浮かび上がり韓国政府と産業銀行の動きも速まっている。まずGMの要求に対する真正性と現実性を確かめる計画だ。産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は12日にソウル市内のホテルで開かれた韓経ミレニアムフォーラムで、「先月バリー・エングルGM海外事業部門(GMI)社長が訪ねてきて経営問題を話した。韓国GMに対する中長期投資と経営改善計画を話してほしいと言った」と明らかにした。

彼は「それを持ってくれば改めて議論することにした」と付け加えた。韓国GMに対する資金支援を議論するのに先立ち韓国GMの現況と財務構造改善計画などを先に確認しなければならないという意味だ。GM本社が韓国GMを構造的な「赤字の沼」に突き落としているのではないかかとの疑惑を先に確認する必要があるという見方だ。

実際に移転価格をめぐる議論は絶えなかった。GM本社が部品など原材料価格を高く供給し韓国GMが作った完成車と反組立製品(CKD)などを安く調達して海外市場に売ったという疑惑だ。GM本社が韓国GMを相手に「利子ゲーム」をしたのではないかとの批判も提起されている。韓国GMはこれまでGM本社から年4.8〜5.3%の高い利子で3兆4000億ウォン(約3407億円)近い資金を借り入れている。
(引用ここまで)
韓国GMが全羅北道(チョルラブクド)群山(クンサン)工場閉鎖を決めた。韓国GMは5月末までに群山工場の車両生産を中断して工場を閉鎖することにしたと13日、明らかにした。群山工場は過去3年間、稼動率が約20%に過ぎず、それも下落の一途をたどっており、持続的な工場運営が不可能な状況に達したというのが韓国GM側の説明だ。
(引用ここまで)

 韓国政府が資本蚕食状況に陥った韓国GMに対して「援助してほしいのであれば、中長期の経営計画を出せ。次世代車の生産や開発研究もできるようにしろ」といった要求をしたのですね。
 上の記事ではそれを「韓国政府が反転攻勢に出た」としています。
 ただし、韓国GMは大宇自動車を買収した際に一筆入れさせられた「15年は事業を継続する」という枷から放たれた状況になっています。
 言ってみれば事業を破棄して、韓国から撤退するもしないもGMの自由。

 現状、GMは全世界的に事業のスリム化を急いでいます。
 たとえばだいぶ前にオーストラリアの工場について売却計画を建てていたのですが、けっきょく売却もせずに撤退しています。その理由としてオーストラリアが最低賃金を一気に上げたことが原因ではないかともされています。
 ……どっかで聞いたような話ですね。

 つまり、韓国政府が「中長期計画を出せ」なんて言ったところでそれに従うかどうかは韓国GM次第。
 というわけで、とりあえずはまるっきり稼働していない群山工場を閉鎖を決定。
 ま、韓国GMとしてみりゃメインバンクが同じ韓国産業銀行、かつ大元は大宇財閥なのだから、大宇造船海洋と同じように支援されて当然という意識があっても不思議じゃないですね。
 2000人に及ぶという同工場の労働者は解雇されるか、もしくは他工場等に転換されるとのこと。
 まあ、韓国GMの最初の一手です。

 4年で3兆ウォン規模の赤字を出して、ついに資本金にまで手をつけなければならない状況にまで追い込まれている状況。
 工場撤退のエキスパートを新社長にすることでメッセージを出したら、なんと労働組合はストライキでお出迎え
 なんでこんな国に工場を維持してなくちゃいけないのかと問われて、まともな理由が帰ってくるわけもなく。
 さて、「雇用大統領様」の対応策はいかに、ってとこですね。

GM帝国への挑戦―工場閉鎖VSアメリカ自動車労働者
エリック・マン
第三書館
1993/07