独ルフトハンザが航路地図に「独島」表記、日本の抗議で削除(朝鮮日報)
 ドイツの航空会社、ルフトハンザドイツ航空の旅客機内の航路地図に、「独島(日本名:竹島)」が日本語と英語で「独島(韓国での呼称)」と表記されていたことが分かり、日本側の抗議を受けて同航空は表記の削除を決めたことを20日明らかにした。独島の名称を日本名の「竹島」にするのではなく、「独島」の表記を削除するという。

 同航空は昨年12月1日に就航した東京・羽田−ドイツ・ミュンヘン路線にエアバスA350−900を投入している。この機種の乗客用座席の映像・音響機器用ソフトウエアに「独島」の表記の地図が入っていた。そのため、表記を見た日本の乗客からの指摘が相次いだという。ルフトハンザ日本支社は国内外のメディアに対し、今回の事態について遺憾を表明するとともに「速やかにソフトウエアのアップデートを実施し、遅くとも今週末までには旅客機のシステムに反映する予定」と説明した。
(引用ここまで)

 当然といえば当然の措置。
 航空会社にかぎらず、どんな企業も領土紛争になんか関係したくないのです。
 韓国や中国の愛国商法はともかく。
 ただ、なぜこういったことが起きて、その対策をどうするのかをきっちり公表してもらいたいものですが。

 このシステムを構築した会社に韓国人、もしくは韓国系のエンジニアがいてやらかしたというのが一番ありそうな話だと思いますが。
 わざわざあんな小さな、旗には記入すら難しいような島を「日本人乗客の指摘が相次いだ」ほどに表示していたこと自体が異常です。

 以前、特に20世紀以前であれば日本人ですら「独島ってなんだ?」ってなっていたところでしょうが、韓国人による広報ですっかり領土紛争地域であるという認識が世界にもたらされていますね。

 うちがサントリーの飲み物を進んで購入するのをやめたのは東海表記を2度やらかしたからだったなー。

 ちなみにNAVERニュースではそれほど大きく扱われておらず、コメント数は50ちょぼちょぼといったところ。