范可新失格... いわれのないチェミンジョンSNSに悪質な書き込み攻め(東亞日報・朝鮮語)
2018平昌冬季オリンピックショートトラック女子3000mリレー決勝で、中国代表チームが失格処理された中では、中国の板コシンに邪魔をされたチェミンジョンSNSに中国語で書かれた悪質な書き込みが攻められている。

20日午後、江陵アイスアリーナで女子ショートトラック3000mリレー決勝戦が繰り広げられた。この日、韓国代表チームは4分07秒361を記録して金メダルを取った。2位は中国で4分07秒424を記録した。

しかし、中国は失格になった。理由は范可新からである。ISUはこの日のレビュー記事で、中国が3周を残してアウトコースからインコースに入ろうとした際に、韓国にインペリアディング反則をした。范可新はチェ・ミンジョンを防いだ。

接触反則は故意に妨害、横を防ぐ、攻撃、体のどこかの部分で他の選手をプッシュしたときに適用する反則だ。過去ショートトラック500m決勝戦でチェ情失格た理由もまさに接触反則だ。

試合後、中国代表はミックストゾーンにおける自国の記者とのインタビューで「今回の試合の結果を受け入れるのは難しい」と言ったと伝えられた。

また、彼女らは「もし私たちが韓国チームだったら失格処理されなかった」とし「(2022年)、北京冬季オリンピックでは、必ず公正な試合になる」と付け加えた。

中国失格により飛び火はチェ・ミンジョンにはねた。チェ・ミンジョンのインスタグラムには、中国語で書かれた悪質な書き込みが殺到している。

一方、この日の試合で、カナダも失格になった。ISUは「カナダはランナーではなかった選手が最後のフィニッシュラインでラインを侵犯、韓国と中国の選手たちの進路を妨害してペナルティを受けた」と伝えた。
(引用ここまで)

 チェ・ミンジョンが反則で失格になり、銅メダルを獲得したキム・ブタンのSNSに韓国人による殺人を含めた脅迫や、誹謗中傷の書きこみが殺到したことは記憶に新しいですが。
 中国が反則→失格となったことで、それとまったく同じことが中国人によってチェ・ミンジョンのSNSに行われているっていう。

 まあ、民度が同じレベルであるということなのでしょうね。
 時折、韓国人は「韓国の漁場を中国に荒らされた!」とか「中国が韓国製品の偽物を作っている!」だの言っているのですが。
 日本人から見れば「泥棒が泥棒と争っている」ようにしか見えません。どっちも泥棒じゃんっていう。
 まあ、そんな時に自分もその泥棒でないかをチェックすべきだと思いますけどね。

 さらに笑えるのが中国人選手が「北京では公正なジャッジになる」と信じているところ。
 ホームタウンディシジョンは多かれ少なかれあるものです。
 東京オリンピックだって確実に日本有利になるでしょう。
 そういう意味で「北京では(中国人にとって)公正なものになる」のは間違いないでしょうけども。

 というかショートトラックっていう競技自体が反則による失格と背中合わせの競技なのだから、いちいち発火すんのやめたらいいのにとか思うのですが……中韓ともにそりゃ無理か。
 そもそもの逆上要因が「ショートトラックで反則になった」ことじゃなくて、「本当に正しいのは我々なのに、それをルールを曲解して妨げられた」という意識が先行しているだけですからね。